自作バイブレーション 取っ掛かり編#5

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回のが、乾燥しました。


冬なら一日で乾燥してますね。

これをカッターナイフや彫刻刀を使っておおまかに成形していきます。(彫刻刀は、大き目の百均ならセットで108円で売っています。)

アイの所などは彫刻刀の円刃があるととても便利です。

アイの周りはギリギリ削らず0.5mm位多い目に削って置くと快適に作業がすすみます。

だいたい納得いく形になったら紙ヤスリで滑らかにならすと後々やりやすくはなりますが別に
しなくてもいいです。

コレをセルロースセメントにどぶ漬けしていきます。


大き目の釣具店にたいてい売っているアクセルというのでいいと思います。

うすめ液で薄めると良く浸み込んでより強くなります。

もちろん塗料には毒性もあるので換気、対策等、自己責任で行ってください。

様々なルアービルダーの方がネットで使い方を説かれていますのでここでは割愛します。

リアアイ(しっぽのアイ)にクリップを通し、細かい泡がで無くなるまで(出続けるなら10秒ぐらいで引き上げる。)浸けてゆっくりと引き上げる。

そして今は冬ですので12時間ほど乾燥させます。

乾燥したら背中のアイにクリップを通して、また同じ要領でつけます。

ここで一方は前回のまま、しっぽのアイにクリップを通して浸けて、

このように1組にして乾燥させます。

こうすると幾分尾っぽのセルロースセメントが厚塗りになり薄い尾っぽの粘土を強化できます。

これでまた12時間程乾燥して、今度は上下さかさまにして、同じ要領でくりかえします。

#6に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA