香櫨園浜 チニング ルアー対決

ようこそおこしくださいました!フミニィです!

前回迫り来るボラの攻撃に再起不能寸前まで追い込まれたわたしでしたが、バイブレーションをシングルフック仕様にして再挑戦です!

前回のオバケボラ4匹に対してチヌ1匹ペースから何とか脱却しなければなりません。笑

いつもの駐車場は休んでいました!(ショック!!)

何とか建石筋の夙川河口寄りに最大料金800円の駐車場を見つけてそこに止めます。

浜の真ん中に出るといきなりミニ防波堤の真向いのハニースポットに出ます。

ベタ凪!

何とかエビ感を曲がりなりにもだします。

時間がなかったのて、自作バイブは塗装せず、メタルプライマーだけ塗り、おゆまるくんにラメを入れたもので包みます。

これはこれで使えそうですがおゆまるくんの浮力とティンセルの抵抗力で想定した動きではなくかなり優しいウォブリングに仕上がっていましたのでチヌをイライラさせる事が出来ません。しばらくダートで探りますがやはり違うみたいです。リトライして私100点になったら作り方解説したいとおもいます。

後は昨日届いたダイワのこれです。

推奨通りエビ型ワームを設置したならアピールも有り釣れたと思います。

しかしながらシーバス用MLの竿ではやはり9gは軽過ぎてポイントの向こう側に投げ魚をイラッとさせる様ないつもの釣りが出来ません。

この魚を怖がらせないで只々イラッとさせる、お尻ペンペン釣法が出来ないことには私は両手を縛られているも同じことです。

せめてラインを0.8号にして、もっと柔らかい竿で再挑戦したいと思います。

ルアー自体はロール主体の悩ましくもやさしい動きをしますし、自立して沈んで止まる感じがとても扱いやすそうです。

その辺をふまえて釣ればかなり釣果が期待できます。なにより定価で700円位とは構造の複雑さを考えるとかなりお買い得だと思います。

結局,60mmの自作ソリッドバイブの青系13gで探りますが向かい風になったので大胆にも64mmの19gの緑金オレンジに付け替えます。

かなり東に移動してしまった、河口近くのハニースポットにはいるなり、ドンコンコンコンとチヌの引き!(ここ3日位の努力は何だったんだとも思いましたが忘れる!忘れる!)

続く

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA