やっと釣り再開、やはり御前浜(香櫨園浜)

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

 

掻き入れ時はサラリーマンとて休みなく誠意をもち会社にお尽くしておりまして、大変ご無沙汰しておりました。

 

こんな何も変わらない状態のページを沢山の方に毎日見ていただき感謝、感動の嬉しい戸惑いです。

 

いや、少しでも喜んで頂けるよう、色々勉強いたします。

 

さて仕事に全身全霊で体力を使い果たし、フラフラに近く、いつ倒れても不思議ではない状態でしたが何とか出発。

只々安全運転を心がけ、7時前到着です。

またしても朝マズメは完全スルーです。

 

ゴールデンウイーク中は暖かい日が多く、やっと条件が整うと思いきや、また肌寒い。

 

前日、前々日と、冷たい雨が降り、その天気と比例して釣り条件も雲行きはあやしいです。

 

潮の動きはマズマズながら明らかに表層喰いなど無いようなコンディションです。

 

新作ルアーを何種か作るだけ作って放置してましたのでその成果はいかに?という感じでもあったのですが、ない事に全て表層向けルアーにナチュラル系カラーリングという事で、まったく裏目裏目となってしまいました。

マァ!テストとしては上々でしたので、それはそれでよかったです。また公開させて頂きます。

 

さて!肝心の釣りですが、ルーティン通りゴロタより攻めます。

キワ引きでコツコツと小さなアタリ(多分ミニチヌ)は有りますが、やはり気配は良く有りません。

 

ちょっと気を抜くとボラの赤ちゃんを引っ掛けてしまうので、20グラム行かない程度の、ここでは重たい部類に属するバイブレーションを遠投し、深場の中層から下を探ります。

が、反応なし。

砂浜もボラは掛かるが、

反応なし。

 

しかし、

夙川河口で立ち込み

西側のバミューダ地帯越えサーチをすると!

30センチないチヌ。

(なんかサイケな写真)

コレよりまだ小さいのがザワザワいるようです。

ノーフィッシュ逃れたと、

ひと安心してしまう、

ミジンコ釣師。

 

 

そしてそして、なんか引っかかった!

 

ウー!?少し引いている。

 

タコとか鰈とかの感じ。

 

ん?

 

鰈?25cm位、

 

ヒョ〜エ〜〜!

小学生ぐらいのアカエイだ!!

可愛い、

デモ!

「恐っ!」

コンナン踏みつけたら歩けなくなるわ!

ちなみに棘を確認したら千枚通しぐらいはあるわ!

何が鰈や!

鰈であるもんですか!笑

 

河口沖の最終ポイントで粘っていると、シーバスらしきバイト!

 

「デカイ!!     ハヨエラ洗いして見せて!       ハヨ!」

 

「ウ〜〜!バラシタ!!」

マァ仕方ありません。合わせに余裕がありません、

何よりリールの巻速度も絶対いつもより早くなってしまっています。

 

ビギナーは、ビギナーの水準の枠の中で、

プレッシャー系のスランプ渦の中の様です。

別にいつも通りの釣りをしていれば、これまで三尾はバラさないで釣れていたはずです。

より広範囲を探るため、ルアーのウエイトを一階級上げて、

10g代前半から10g代後半にしていったのも仇になったのかも?

何より一時、チヌ狙い週間など設けてチヌ君の安易な追い食い合わせにかまけていたのも仇になっているのでしょう。

ツカァ!

いつまで寒いの?天気も変な感じ。

最近御前浜で出会ったMさんは堂々、ケーソンで65cmを釣られた様です、おめでとうございます。

ところで先程のエイですが、あんなもん踏んづけてしまったら、いくら回生会に這ってたどり着いたとしてもタダでは済まない大怪我です。

不用意に立ち込まないで、移動の際はくれぐれも摺り足で進んでいただくようにしてください。

水槽で飼おうか?

と、頭を無謀な願望が横切りましたが、

危ない危ない!

懐いてくれていてもわからないでしょうし。

ちょっと釣りの方も更に初心に返って記録更新したいところです。

珍記録ではなく。笑

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA