透けるくんで作った、クリアハード65 2

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回、

高実績(ってもチヌですけど)

のルアーを作ったは良いけど、

よりにもよって、

2つともロストしてしまって、

写真すら無い状況です。

 

この『すけるくん』という粘土が、透き通る小魚の外見を簡単に表現できるという、説明を前回させていただきました。

マァ、コレを纏わせる型がいるのですが、

私はステンレス板で作ります。

ただ、透けさせる訳ですから頭以外の所は0.8mmのステンレスの針金で41.5mmリアフック用のパーツをつくります。

コレでボディはほぼ透明にできます。

 

イラストソフトでテンプレートを作成し、

A4にプリントアウトします。

60mmかける100mmが8枚とれます。

ステンレス板の寸法が300mmかける100mmですから、5枚、そして5種類貼れるわけです。

形状の特性上、ある程度隙間を大きく取らないと、あとあと切りづらくなります。

でも、支障のない隙間は、勿体無いのでブレードを描いています。

針金はかまぼこ板的なものに41.5mm間隔に釘を貫き通し、とんがった所はまるめます。

すみません、次回に続きます。

作業はここまではきていますが。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA