シーバスフィッシングの擬音考1

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

ルアーのフィーリングって擬音語でかなり説明がつくことが最近判りました。

「ブルブル」

「プルプル」

「テロテロ」

「ズィーー」

「ブーーン」

竿先に伝わる、バイブレーションの動きだけで、これだけ種類があります。

イヤ!微妙なニュアンスの物も入れると、もっと有るかと思います。

色々なバイブレーションを試した方なら、バイブレーションのタイプの説明は実際投げなくてもこの擬音語で大体わかるとおもいます。

『事象の表現が、次から次へと、多彩で理知的なボキャブラリーを駆使して、わかりやすく伝える説明上手』

 

では無い、私

 

尼崎出身で

 

血液型B型の

私は、

 

何かと擬音語、擬態語を使いその場を切り抜けようとします。笑

 

こういう、擬音語、擬態語、擬声語を総称してフランス語でオノマトペ(onomatopée)というらしく、

良く耳にするようになりました。

 

我々の文化?(笑)も、

 

ようやくヨーロッパから日本を伝い認知されてきたということでしょうか?(爆)

 

我々の頂点に君臨するは、

 

スポーツ界であれば

ダントツで

長嶋茂雄氏(血液型B型)ですし、

 

演芸界では

長い間、宮川大輔氏(血液型B型)

が先頭を走り続けてらっしゃいます。

 

バイト又はアタリ音

「バフッ」

「ション」

「ゴッ」

「コツッ」

「ゴッン」

「グーン」

 

 

キャスト

「ブン」

「ビューン」

「シュッ」

「スーン」

「ビュ」

 

 

「なんじゃコレ!」

 

と思う方も多いと思いますが

何回か見ると面白くなると思います。

たぶん。

 

それでは皆さんおやすみなさい。Zzz・・・。

 

大胆にも次回に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA