透けるくんで作った、クリアハード65 4

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

 

前回の補足です。

 

すけるくんにしても、モデナにしても、

一度セルロースセメントでコーティングしてから着色すると、ゆったりと着色できます。

染み込むような感じで着色すると、色のりは、それはそれは、良いですが、ボカしたりできません。

[amazonjs asin=”B004L9DQHK” locale=”JP” title=”トゥー コピック スケッチ E21 (インク色:ベビースキンピンク) / 3セット”][amazonjs asin=”B004BPJZVU” locale=”JP” title=”B97 コピック スケッチ【ナイト・ブルー】 10231907″][amazonjs asin=”B004BPHE54″ locale=”JP” title=”Y13 コピック スケッチ【レモン・イエロー】 10239103″][amazonjs asin=”B001ICZU2W” locale=”JP” title=”COPIC コピックスケッチ W4 Warm Gray No.4″][amazonjs asin=”B074DRJPGZ” locale=”JP” title=”コピック スケッチ ベーシック24色セット 12502073″]

 

コピック(スケッチ)を使うと

『ダークグレーっぽい銀』とか

『メバルっぽい金』とか

『メダカ的なベージュ』とか、

そういう微妙な表現の幅がぐんと広がります。

特にW4とかW8ぐらいのグレーを施す施さないで餌感は格段に変わります。

 

叩きまくられフィールドには

ベージュ系透け透けラメが私感覚では大定番になりつつありますが、

この辺りはコピックがないと厳しいかもしれません。

(もちろんエアブラシ使わない前提)

 

 

[amazonjs asin=”B002U0H970″ locale=”JP” title=”ハイマッキー【ライトブルー】 MO-150-MC-LB”]

[amazonjs asin=”B002U0H98O” locale=”JP” title=”ハイマッキー【ライトグリーン】 MO-150-MC-LG”]

[amazonjs asin=”B002U0J4FK” locale=”JP” title=”ハイマッキー【緑】 MO-150-MC-G”]

[amazonjs asin=”B002U0FNS2″ locale=”JP” title=”ハイマッキー【黄】 MO-150-MC-Y”]

最近は微妙な感じに拘りだしていますが、市販品の定番カラーの再現程度なら、マッキーで充分肉迫できます。緑金、赤金、イワシ系、青銀など。原色系(特に黄色は良く使う)はもちろんですが、黄緑と水色はやくにたちます。

さて、

ルアーの仕様は『プルプル』系と、

『テロテロ』系を仕込み、

前回の雪辱戦となりますかどうか?

おたのしみ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA