御前浜(香櫨園浜)意地のシーバス

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

前回の泉裕文氏のアドバイスの余韻が冷めぬ内に釣行です。

 

たまたま予定が狂って1日空きました、

 

自動的に繰り上げ釣行です。

 

今日から6月、

 

と、いうことは

 

四捨五入して、

 

・・・

 

・・・

 

釣行です。

 

今更ながら過労気味です。

ちと家で寛ぐか、

ノッペリとボンヤリ釣りを楽しめば良いのでしょうが、

なんか落ち着きません。

日本を代表する名医(ここでは、日本デイシーバスゼッタイ王者)

に、いとも簡単に患部を発見されて、病状は飛躍的に改善されたので、

これで

『シーバスは釣れない病』

から抜け出せ無ければ、

才能無いとなってしまいます。(努力は結構してます)

 

今思えば

『水平軌道にこだわり過ぎてフォール時間(又は、ストップ時間)が極端に短く、低活性時の上品な捕食ではしっかりとルアーをくわえてくれない』

だから今の水温でも充分に活性が高いチヌしか釣れない。

シーバスが食ってくれても、しっかりと掛かってない。

一昨年、昨年とビギナーにも関わらず、成功法則を見つけた気分になってしまって、完全に釣りが偏ってしまってます。

 

昨日は大雨で、基本的にここは、雨後にいい思いはできません。

しかしながら、七時エントリー?です。

今日は白ゴロタ姫にお土産が有ります。

マグロの、無塩、風干しジャーキー(私の手作り)です。

大潮の上げどまりに近く潮はまだ動いていません。

気持ち的にはハニーから釣りたいところですが、

ルーティーン通り、トイレ、姫、ゴロタとまいります。

「姫!マグロジャーキーを献上いたします!」

 すると、ちょっと姫より毛の長いそっくりな猫が、

 (この相関関係、性別などもちろん妄想です) 

目的を果たすとサッサと立ち去ります。 

さてゴロタから、

従来通り釣法、変更後釣法も織り交ぜ探りますが、反応ありません。

端境、海藻帯も雰囲気は悪くないですが、反応ありません。

満を持してハニーに差し掛かると、向こうから、よくお会いする、『コアマン、邪道大好き、Sさん』がこられました。

ルアービルド談義と、泉さん来られたエピソードに花が咲きます。

 

Sさんもデイでここではシーバスまだとのこと。

 

安心している場合ではありません。

 

リフトandフォールで探ります。

新バミューダにルアーが吸い込まれ殉職しますが、交換するかのごとく、IP・サルベージバイブ・マニックなどが代わりに釣れていきます。

(私が無くしたのはその、金の斧です!)

良くない状況です。

(少し悪くない状況でもある)

場を休ませるために、

砂浜際ブレイクを真横に探ると

 

「ガンッ!」

「グィ~ッ!」

やった!

引き合いっこのような引き、

ボラではありません。

 

何?何? 

ウ~ンナイスファイト!

汗 ・・・!

ガッチリとはしていますが

『クローンキビレ』

39cmです。(たぶん)

 

メジャーを出すまでもありません。

 

たぶん39cmです。

 

これはこれで面白いと、

 

言うとる場合ではありません。 

 

 

河口をおかっぱりされていたSさんが帰られて、

とりあえず河口でハニー沖、辺りを立ち込んで探っていると、向こう合わせで、

「グググググン〜〜ギーー」

ややゆるい目のドラグが鳴りpeラインがすっ飛んで行きます。

私の愛リール『レブロス2500』の許容範囲を完全に超えた引きです。(最大ドラグ力4kg)

それでもドラグを締めて

「チリチリ」ぐらいに調整し何とか巻き戻していきます。

ドッシリと重たい押しの強い引き、力でリールを延そうとします。

経験上この感じはたぶん、赤くて菱形のアイツだろうと思いますが、シャローでは嬉しい誤算が付き物ですので頑張って、戦います。

もし運良くコレがシーバスなら大幅に記録更新です。

無駄にポジティブな私は、その辺のエネルギーを、結果はどうあれ駆使します。

 

「バレた!」・・・。

 

こういう時、

見えない超巨大魚は

『めっちゃデカイ赤エイ』に確定し、

「手元に引き上げなくてよかった!」と決定します。

しかしながら引っかかりのバラシは大概「ブチッ!」とバレますが、

食ってるバラシは時として

「ファン!」とバレるものです。

マァ見てないので不明です。

本当は今日は「シーバス5匹まで帰らない!」と誓っていたのですが、

大人なので納竿としました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA