19番サロゲート(元ベビーメタル)

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

基本的に釣りの序盤は忍者の心持ちで、水辺からかなり離れて手前のかなり浅いところを探り。

反応が薄ければ立ち込んで沖目を探るという、スタイルで御前浜を楽しんでいます。

秋になればルアーは大きい方が明らかに反応がいいですし、

なぜか?秋の魚は10号、8号クラスのトレブルフックではバレやすい。

でも、この世の75mm以上、六号フックのバイブレーションって、シャローでは根掛かり必至のものが多いですし、

投げまくる私には、引き重りが大きく、動きも私には派手過ぎるイメージが気になり。

その解決ルアーとして14番は秋エースに。

 

そして更に、

それさえも凌駕しうる、可能性を秘めている番手は19番の型であると・・・。

例のごとく、無節操な4穴アイ。笑

そもそも、この19番型は大場所で40gクラスで細身の大遠投用おとなしめバイブレーションを作ろうと始めたもの。

しかし今回は、そのシルエットと、頭のオモリを重たくしても引き重りしづらい特性を活かして、軽い目バージョン。

フラッシング塗装してっと!

一つはクリア青緑、ラメ入りで。

しかし、そもそもベビーメタルとしての終着点は、頭とお腹はほぼ鉛でそのほかのボディを金属パテで纏うというもの。

理屈的には50g、75mmも可能で、

そんなもん御前浜で投げたら、軍手やブルーシートや大きな石が入れ喰いになる事でしょう。笑

それに、このエポキシパテ非常に比重もあり、乾燥したらほぼ金属、使う分だけ練りこんで使う優れ者の様で、

コレは!と思い買いましたが、

今年はトコトン近場で釣り切るつもりで

40~50gのバイブレーションを投げまくる機会も少ないとおもいまして、かかれずじまいです。

それで、とりあえずモデナとすけるくんを使ったライトバージョンで、御前浜攻略。

勇んで名付けたヘビーメタルのコンセプトは何処へやら。笑

続く

 

14番サロゲートの1番目のアイが気になる!

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

暖かくていい感じのお天気ですね!

今日釣りに行けたら釣れるのになぁ。

by言い訳ジジイ。笑

この前も水温は高く、ある程度と言うか、結構好条件。

ボイル連発の大チャンスを鯖遊びで逃し。

鉄人M氏の

「大きい目のリフトアンドフォールのリフト鼻で決まって喰ってきた」という、

有力情報も物にできずで・・・。笑

後々復習していると、

居るのに喰わない時に取る対策として、

5cm刻みの細やかなレンジ変更、細やかなルアーローテーション、カラーローテーションが必要だそうで、(当たり前か?)

特にレンジは一定レンジで探り、次は5cm下げて、また下げて、見つけて喰わなくなったらまた変えて。

それを鑑みるにリフトアンドフォールは一回のキャストでヒットポイントを必ず通過する。(当たり前か?)

散るのを気にするより、活性がある中で喰わせる層で見せる機会を増やす、か?

二通りの理屈、次回の課題。

満潮時に調子に乗って沖狙ったのも反省。

 

さて!

最近好調の14番サロゲート。

いかにも私らしく、

節操の無い四つアイ仕様で、

バランスが崩壊する、その動きが気になる、一つ目のアイ。

ここまで前に留めるとリアが重たすぎるバランスになり、早く引くと海面で横向けに浮いてくる。

しかし、その動きがとても弱りかけのイワシの様でもあるので、

少しだけ位置を直上に上げて開ける事で、早引きでも崩壊はしないが不安定に動いてくれる様になるのではないかと。早速型作る。

前頭部にフィンが付くと傾きが少し遅れて、尾側の左右の動きもより活発になるかも?オモリは前回と同じ4号割菱、1ミリいたオモリミックス。

『鮎かも?イワシ』は外せない。クリアハード用のすけるくんバージョンも追加。

フラッシュ系塗装して。

続く