自作バイブレーション,4番サロゲート『ユズリハ』

ようこそおこしくださいました!富巳にぃです!

また一段階も二段階も深く冷え込んできました。

海は空よりユックリと季節が変わるとか。

しかしこれだけ冷え込むと、さすがにシャローや河口は冷水状態になってしまいそうです。

聞くところによると我らが瀬戸内海、大阪湾辺りは

同じような気象条件下で海として、太平洋はおろか日本海に比べてもこの時期の平均海水温が数度低いらしいとか。(なんでやねん?)

ソリャ産卵関係ないとしても、

シーバスさんとて、

寒いので、アロハでも着て南紀に行きますわなぁ。

それで私が近場で見ている

あのシーバスたちは面倒くさがりで行動力がないやつらなのか?

ダウンジャケット着て、コタツにいるやつか?笑

漂う、蟹やアミが口元に近づいたら

『ハフ!』ってやりながら、

暖かくなるまで寒さをやり過ごそうとしているのか?

 

最近あまり釣れなくて、

一から勉強し直しと

『冬のシーバス』で色々調べてみると

『底スレスレバイブレーション、デッドスロー、時々ややリフト(トゥイッチ)』

なんていうのも効果のある場合があるそう。

ある程度しっかりと動くタイプのバイブレーションを波動が出るか出ないかのスピードで引いてくるのだとか。

手持ちでしっかりと動くタイプといえば、IPかミニエント。

そして自作であれば4番サロゲート。

初めて一般的なバイブレーションが作れるようになったと、実感できた記念すべき番手。

かなりしっかりブルブルと動きますが引き抵抗は、軽い目に抑えることができた記念すべき番手。

『なんか普通すぎる!』と変人の私がおざなりにしてしまった、影の優等生。

メタルバイブクラスの波動、

飛距離、沈下速度。衣を纏う分早いが程よい沈み具合。

復刻アンドサイズダウンして、

前回の釣行で試したら今更ながら使いやすい、

やはり、3番が4番になってしまったというのとは訳が違います。

データーとして、

もしや?私が作る傾向のバイブレーションがマッチしていないのか?

なんて考える事態でもあり。

市販ルアーを投げたら釣れた!

なんて逆に気分は良くないので、4番を軸にして探ろう!と。

追加!

ベーシックなオモリ配置。誰が食べても美味しい味。ある程度しっかり目の波動が出て、沈下も傾き過ぎないのでエビリにくい。

65mmの小ぶりなボディーにしては重量感があり、薄い目に纏ったモデナがエアロパーツの役割をしている様、そして、ウエイトアップの手助けもしていて、スンナリとお利口さんに飛んでいく。

そして水中では程よい抵抗になり、操作しやすい沈み具合になり、根に吸い込まれるのも回避しやすい。しかし小ぶりで重たいのでボトムは容易に素早く取れる。

丁度ソリッドとメタルの中間的な使い心地。

このタイプはレンジも自覚しやすい。

以前の75mmで仕込んでいた時のオリジナルはフォルムがユズリハに似ていたので、雑木林の木の葉的な3番と区別するためにユズリハとつけたが、

幅を維持しつつ縮めたのでもう『ゆずり葉』ではなくなってしまいました。

しかし引き続き『ユズリハ』でいきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA