御前浜,シーバス,デッドスロー?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

年末年始に様々な運勢の流れを調べておりますと、

漢字表記の富巳にぃがあまり画数的によろしくありませんでした。

それで昨年度は釣れなかったのかなぁ?

(関係ない!関係ない!腕!腕!)

そんな理由で名前を『フミニイ』に戻しております。

これで今年は爆釣です!(イヤイヤ!努力!努力!)

テクニシャンかラッキーボーイしか釣れない1月の御前浜。

意地でも釣りたいと調査!調査!

魚が居る事は間違いなく、

しかもかなりの数。

浅瀬に見える、チヌさんなどは、オブジェの様にジッとしていて

「もしや?」と思い

サイトフィッシング!ルンルン!と

近くをユックリ通してみると、やはり逃げるだけ。

なんなら逃げすらしないで丸無視する個体さえおります。笑

とにかくこの時期のデイゲームは『!』だけ少し魚さんに感じで頂いて、後はひたすらデッドスローで根気よく引き続けるというのが基本のメソッドなのだそう。

例えばワームならアルカリミニを10グラムに満たない程度のパワーヘッドに逆さ付して、

最初に横主体の軽いダートを三回程度見せてからの、デッドスローだとか・・・。

波動が強いタイプのバイブレーション、波動が出るか出ないか?ぐらいのデッドスローで中層より下のレンジを引き、たまに軽く少しだけ「ブルブル」とリフト・・・だとか。

シンキングペンシルを底近くで根気よくデッドスロー、たまに小さめの軽いジャークもしくはトゥイッチとか。

ん?

海老?

海老なのか?

漂う海老なのか?例えばミニカリならクリアラメとか、白系とか、ピンク系のグローがいいらしいし、ルアーもクリア系がいいらしいと聞くのですが・・・。

と、いうか!海老系のエサ釣りならチヌもシーバスも釣れてますし。

そしてそして、チニング師のズル引きにもシーバスが釣れている状況も鑑みるに、海老か蟹と言うのがキーワードですね。

そうそうアイツらデッドスローで漂いますものね。

そしてたまにぴょんぴょん跳ねる感じですものね?

考察1

『海老か蟹を真似るべし』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA