真冬のシーバス,チヌ,動画でクランクを使いポカスカ釣っている事実 2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

お正月気分も終了。

私は気分的に適当にフミニイとしての冬休みを設定。

『釣り納めと釣始めの間は自作ルアーを触らない』

ウーン達成!というか、公人としては結構忙しくてビーストモードに切り替えないと両方するのは困難だったでしょう。

マァ、お正月は朗らかな毎日をすごしました。

冬シーバスのデーター収集を落ち着いて出来ました。

私の座右の銘

『博士の様に考え、野獣の様に動く』

の博士部分が私なりに蓄えられました。笑

今年は己の亥年、頭を整理して身の回りを綺麗にして、基本に忠実にコツコツと、且つ情熱的に突進すれば、望みは叶いやすいのだとか。

座右の銘を実行するのみですね、こりゃ。

 

さて!

前回の続きです。

よく耳にする、シーバスにクランクは効かないと言う話。

理由はシーバスはフグは食べないから?

それならブラックバスはフグをたべるのか?

そもそも湖にフグはいないし!

と、いう屁理屈で前回は終わりました。笑  

そうそう、どの道デッドスロー程でないとしてもスロー引き。

急いで岸に上がろうともがく蟹や海老だと思っているのか?

そう言えばそんなシルエットですね?

それとも、

普段は底に張り付くハゼや子アイナメが浮いちゃってる状態か?

どちらにしても小ぶりなフローティング系で表層直下をふらふらクネクネ、多少のアップダウンさせながら探るのが良いらしい。

あまり敏速に逃げそうには無い感じのやつ。

そしてある程度飛ばせるやつ。

アッ!

50mmクラスでこんな芸当ができるのはクランクとなるのか?

ンンンン〜ンやってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA