シーバス釣り,始めるんですか?投げ釣りとの比較 2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

暖冬?なんでしょうか?

本来なら雪になる山間でもパラパラと雨が降っております。

温暖化だ!何だかんだと、

必要以上に騒ぎ立てるのもどうか?

とは思いますが、

この世の方々の関心が気候に傾き、

自然に対する慈しみが増していくのは素晴らしい事だと思います。

食べ物の安全性なども、やや騒ぎ過ぎて

「じゃぁ!何を食べたらよいのですか?!」となりそうですが。

きっと先進国の飽食期以前の、

自然で非能率的な食事が良いという結論に達するのでしょう。

 

さて!

投げ釣り師をシーバスに勧誘する話の続きですが、

本格的に『投げ釣り命!』でなさってらっしゃる方は別として、

大抵の方が、気軽だし、コスト的にも安くつくし、でやり始めた方も多かろうと思います。

実はシーバスも最初の道具さえ揃えてしまえば、ランニングコストは駐車場代ぐらいで、

ルアー自体の過剰なコレクションに陥らなければ(笑)、最安値で健康と癒しを手に入れられる、レジャーだとおもいます。

よく耳にする話では「オシャレ感がイヤ」との事ですが、釣り場ではそんな事はないし、

選択肢が多く、派手好きの方は派手な格好でできますし、地味にやる事も可能です。

シーバスよりバス界のイメージとダブってるのかもしれません。(バス界でもオシャレである必要はないですけど)

さて

「俺はルアーしかやった事がないよ!」という方。家族を持たれてお子さんを釣りに、という時、海でのとっかかりとしては、圧倒的に投げ釣りやサビキ釣りが向いています。

特に投げ釣りは置いて待つ事が出来て、お子さんのお世話をしつつも、釣り師として自分の釣果も諦めないスタイルが可能です。

最近ではルアー感覚でチョイ投げ釣りを、いつものタックルで出来る仕掛けセットたるものをフィッシングマックスさんが作っているようですし。

餌も短時間の釣りなら青イソメ又はイシゴカイを500円分で十分です。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA