ハイドシャロー ,インプレ,(スカジッドデザイン)and,御前浜釣行記 4

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

さあ!

御前浜のほんの7時間の釣りだったのですが、レポートは何日もかかって、

やっとミニ防波堤前ハニースポットにさしかかります。笑

ちょうどルフィーがギアフォースになった辺りです。笑

 

晴れている事の有難さ、爽快感!

風は優しく暖かい。

それは私が今年に入り

一匹も釣れていない事を忘れさせるほどに。笑

 

先々週に武庫川河口で渾身の一匹を釣り上げた鉄人M氏

なんかだんだんいろいろ、鉄人ポテンシャルで追い抜かして行く。笑

それはそれで嬉しかったり、焦ったり。笑

最近通われている武庫川河口からライン。

どうですか?

的な。

それに気付かずに

ハニーで四苦八苦。

 

『ミニ防波堤向かいハニー』

通称『ハニー』とは?

(ちなみに勝手に命名、笑)

その、ハニー奥には

ビルダーS氏が『チヌの巣』と称する、正体不明のストラクチャーが有ります。

あまり沖でも無いのですが、そこから先は

沖ブレイクまでの間、2m有る無しぐらいの深さが始まり

それが始まる所に何だかわかりませんが、

多分直径1.5m程の藤壺まみれ的な低い岩があるようです。

向こう岸のミニ防波堤の影響もあり、

潮が東から西に流れる時は河口の海中砂州をかすめハニーでまがる。

西から東の時は海中砂州で突き当り沖に曲がる。

そしてやや深くなり、わかりやすいストラクチャーもある、ポイントで。

御前浜に通い始めた頃そこで当たりが多く

『秘密のいいポイントみっけ!love!』と、

ほくそ笑んでいたのですが、

何のことはない広域ランガン師は大抵そこに直行しますし。

M氏もS氏も大好き。

なんなら泉さんもシマノのロケに御前浜にこられた時、ハニーにいきなり入られました。笑

コアマン 泉氏であれば阪神間のポイントは熟知されているだろうから、なんの不思議もなかったのですが

潮の当たり具合で、仮に初めて訪れても有識者ならそこから攻めるようです。笑

なんなら阪神間人気ポイントですね。笑

 

そこでさっきと似たようなサーキット、ワンセットやって、笑

そして満を持して、コレ!

巻き巻き粘り屋界の頂、

我らが皇帝!

小沼正弥氏監修の、

『アレを抜かせないからあの領域のはブルーブルーではまだやらない』とも取れる発言を村岡昌憲氏にさせるまでに完成していると言う。

なんか永久保存したい、トークショー。

『ハイドシャロー』

20gのシャローランナー!

 

小沼正弥氏の釣りスタイルをとやかく言ってらっしゃるのをよく目にするが、

あれだけ長いことプロの第一線で活躍なさって、天才的なルアーをハイペースに世におくる方。

そして大抵そのルアーの使い方は常套文句の様に

『基本、ただ巻き』

この基本ただ巻きのフレーズ

動画などで散見させていただく、粘って粘って、逆境的なコンディションでも投げまくり、巻きまくる。

イメージとシンクロするのだが、

そんなもの技術的に到達されてしまっているに決まってるし。

プロのテクニシャンとして、縛りなしに釣りにかかったら、自分の釣果を動画に撮るなんてお茶の子さいさいだとおもわれる。

しかしながら大抵撮影時には、情報網も豊富でしょうに、安易に場所替えせずに粘ってただ巻きを繰り返す。

そして大概粘り勝ちする。

作られるルアーに感じる印象は、

初心者、上級者に分け隔たりなくシーバスを釣らせるテクノロジーをルアーに注入しているかの様。

ダイワさんが多いからだから、とか、宣伝上手だからとかではなく、

赤ひげ的な温かさの盛り込まれた、役に立つルアーだから売れるに決まっている。

自らをプロアングラーと称さず

職業釣り師と称する、

その微妙な拘りにも、

自分だけがいっぱい釣ってアングラーの頂に行くのではなく、

シーバスフィッシングの楽しさを世に知らしめて、それをより多くの人に楽しませる的な思い、配慮。

完全無欠に先頭にたち、一言で説明できる、ツボを見つけアングラーに伝える的な志を感じる。

そしてハイドシャロー。

メッチャ飛ばして巻いてくる。

それをややこしいシャローでも出来る。

20g、ギリフローティングという、私には『恵の雨』的な設定。

さすが早くにそれができちゃってる。

アレアレ?

ハイドシャローではなく小沼正弥氏を尊敬する理由になっちゃいましたね。

なんか長くなりましたので続きは次回。

(いい加減にしなさい!)

ルフィ一回萎む。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA