ハイドシャロー ,インプレ,(スカジッドデザイン)and,御前浜釣行記 5

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ポカポカ陽気で春の風情漂う、御前浜ハニー。

ルフィは覇気が使えずカタクリから逃げている所です。笑

ギアはギアでも

『ハイドシャロー』

20gで大遠投も可能な、

フローティングの万能シャローランナー。

オヌマン様ご加護をお受けいたします。笑

「キャスト!」

「ウォー!飛びますがな!オヌマン様!」

「さすがですがな!」

ヤッパリ20gあって重心移動だったら当然ですわなぁ?

動きは?

自然であっておとなし過ぎない、

絶妙なウォブンロールですがな!

水面直下を程よく潜り、

カチカチで有るはずの硬ルアーが

グネグネ曲がっているように見えます。

ストレス無しの投げ屋ウェルカム仕様。

これは、投げ心地も、巻き心地も最高!

巻き抵抗が心地よいのは

最近使わさせて頂いたのミノーの数々に共通しています。

どれも不快でない引感。

そしてハイドシャローもしっかり目に動いている割には巻きごごちがすこぶる良い。

そして何より投げ感が良いです。

 

私のソルト入門一年目の釣りは大半がジグとメタルバイブ。

ルアー自体が安価なので安上がりかなぁ?と

始めたオープンエリア大遠投巻き巻き合戦。

スポーティーで体にも良いかなぁ?と。笑

しかし、ぶん投げて速巻きだけではシーバス釣れん!悟り

それから釣りはある程度は細かくなって来ましたが、

それでもあの3〜40gクラスの金属塊を海原にぶん投げるフライング感の爽快さは手が覚えています。

それはオッさんが合法的に、平和的に、戦闘本能を治める鎮静剤。

自分の代理である、金属の塊が自分の感覚と共に空高く舞い上がり海原に突き刺さる。

PEに伝わる振動。

揺れ、生命反応。

そんな醍醐味がハイドシャローにも存在します。

デイゲームで中速以上に引いてくる場合、フワフワになりがちなフローティングミノーの釣りですが、

ハイドシャローはバイブレーション感覚で表層直下をウネウネと引いて来れます。

でも少し気になることが。

民芸品の茶筒の蓋とミの完成度の様に、重心移動のウエイトとボディがピッタリ収まり過ぎていて

サミングを強い目にするか、

着水後ワンジャークしないと重心が前方にいきません。

中の様子はクリアでないので見えませんが、

ボディの樹脂部分にあまり空洞感を強く感じず、

この詰まっている感が飛距離と程よいサイレント感に貢献している感じは感じなのですが、私は気にならんが、

気にする方もいらっしゃるのかなぁ?と。

そこでその感じを利用して

「一回重心後ろのままで引いて見よう」と

着水後、クルクルライン回収でそのまま浮かせてみます。

顔を結構水面に出して浮いています。

「?!」

立て竿でユックリ巻いてみます。

「スミマセン!!オヌマン様!!これワザとですね?!」

引き波を出しながらウォブンロールしてはります。

結構目立つ引き波です。デイの私はこの使いかたはあまりしないと思いますが、

凝りだすと色々面白い動かし方も出来るようです。

ホォーン!ホォーン!」

と感心しながら

メールチェック。

「どこもスケスケで釣れる気がしません!」と、

武庫川河口のM氏よりライン。

「御前浜は年無しチヌを二回見ました。シャローランナーつかいやすい!私は電話を知った縄文人」と

高揚して返信。

「???」

とM氏。笑

 

シャロー歴三年、

今更、初シャロー用ミノーって、

完全浦島ってるじゃないですか!

シャロー用だとこんなに安心して投げられんのカァーい!

私的には完璧、ノーストレスっうか、ストレス解消的シャローランナー。

買ってよかった!

次回は「ルフィ、覇気戻る」です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA