グース ,125F,インプレ,(ムカイ)and,御前浜釣行記 6

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

澄み澄みの御前浜。

デカチヌはんウヨウヨ。

デカチヌはん丸見えという事は、

デカチヌはんも人間丸見え。笑

ですがこういう事もあまりなかった真冬の御前浜。

ソロソロいい事ありますかな?

あの小沼正弥氏と村岡昌憲氏のトークショー。

私的には永久保存必至。

誰でもシーバスを気軽に楽しめるように基本ただ巻きのルアーの中にコツを集約し、誰にでもわかるシーバスフィッシングを確立されている小沼正弥氏。

複雑なポイント分析と、繊細なルアー操作をわかりやすく簡潔に誰にでもわかるように伝えてくれる村岡昌憲氏。

双方ともシーバスフィッシングの発展に多大なる貢献をなさった、という考えに反対の方は居ないはず。

前回ご紹介したハイドシャローは小沼氏監修に付き、

村岡氏大絶賛も「リップサービス?」と考えられなくもないが、

(実際メッチャいいルアーであったが)

この『グース 』はなんだか当然のように出てきた。

小沼氏曰く、

レッド中村氏と村岡氏が

『グース 』を使ってポンポン釣ってたイメージがある。と、

村岡氏・・・「そうですね!よく使いましたね」ですって!

イヤイヤ!無視できますか?

アイマ さんの『コモモ』話もされていますが、その件は『いいんでしょうね』的になんとなく聞き流せるのですが

『グース 』???って。

多分、

玉手箱に入ってるヤツ??

ヤッパリ!!

白い煙の中から出て来た!!

ムカイ、バンプコーポレーションさんの『グース 125F』

このタイプ、形的に

片口イワシが口を開けて餌を効率よく食べる的に泳いでいる状況にソックリ。

っうか、

塗装がメガバスさん並みにリアル系でやばい。

ア〜ア買っデもうた!!「海へ、お帰り!!キャスト!」

飛ぶヤン!

前回のハイドシャロー程では無いが、充分ストレスなく飛びます。

16gなのである程度の期待は有りましたが、更に想像以上に飛びます。

デイ的に普通引き。

結構ド派手にロール主体のウォブンロールでメッチャ主張しはります。

フラッシングでギラギラですがな!

早引きしてみるの忘れちゃいましたが、

デイの表層直下引きのニーズを有り余るほど満たしてはります。

前回のハイドシャローで反応ない場合、気になる箇所を更にアビ強めのグースで様子見るというのもいいかもしれません。(いい感じ!!アレ?グース がさきかな?)

 

そうそう!さっき覚えた、

『重心移動させずに着水』っと!

おっと!

かなりお顔を水面に出して、

コッチを見ながら

「どうするの?」って、聞いて来はりますがな!

(その気になればリップを水に当てずに引けます)

まぁ良い!苦しゅうない!

リップを水面に当ててスロー引き。

んんん〜ん!

まずめに繰り返して見たい!

トップスロー波紋出しシンペンですがな。

S字波紋出してはります。

こういうのって他にもあるんでしょうか?

どっちにしても釣れそうですね?

これ1つで表層近くならなんでも出来まっせ!

ジャーク系、ヒラ打たせ系は

本職ぐらいハイレスポンスですよー!

深場で初っぱな投げるのも良さそうですよー!

シャロー系なので長持ちしますよー!(これで根掛かりさせたらシーバス釣り引退、笑)

本当はアマゾンリンク貼ってる、イワシが欲しかったのですが、イチバン池田店さんにはボラか夜用だけで、

レンズボラを選択。

アピール強めなのでむしろイワシの時に使うより、ボラで正解だったかも?

イチバンさん考えて置いてはりますなぁ。

これヤバイ!

サイズ違いはは90Fもあるらしい。

なんか色々揃えて使いこなしたいルアーです。

買ってよかった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA