自作バイブレーション,再開,サロゲート,現状戦力,補充。

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ミノーやシンペンの研究してたら、

アッサリ釣れていたかもしれない、あの時、あの魚に気付き。

自分の釣法の拙さも思い知ったわけで。

固定重心ですが、私初ミノーの製作にも取り組みはじめました。

が、

しかし!

昨年末に仕込んだ、骨だけのヘッポコ精鋭部隊が

中途半端で可哀想。

底狙いに付きロスト率も高く、球数も減ってきました。

『ユズリハ』4

『プルプル』8番

『ムジュウ』14番

 

ユズリハ

『波動が強いバイブレーションを動くか動かないかぐらいのスピードで底近くを漂わせるべし!』とのどなたかの真冬シーバス釣りのコツをお聞きして大急ぎで復刻させた物です。

というのも、強ブルブル系ってそれこそスレさせるイメージが強く、3回トレースで立ち去れず10回は投げたい私は余り使わないようにしておりました。

 

プルプル

私のおはこルアーでまさしくプルプル系のバイブレーション。一応、オリジナリティは有る様。

よく釣れます。スローでなければ表層直下キープもできます。

 

ムジュウ

最初引き抵抗の少なく、疲れにくい、投まくり専用として作りましたが、

引き抵抗に関しては『言われてみれば・・・』ぐらいで、

余裕でレンジバイブ、ソルトバイブ、サルベージに及びません。笑

が!

よう釣れる!

秋のシーバスは全部コレ。

も気を抜くと空中クルクルするのが欠点。

クルクルせなんだら飛距離もグー。

夙川に落ち鮎など居ないはずだが河口にて、落ち鮎、イワシミックス風カラーがどハマり。

普段はメッキ風ブルーが万能。と、

マァ

このようにヘッポコバイブ作りおじさんデモ、繰り返すとなんなとできるものです。

そして、今日使うには間に合わなかった。笑

あっ!ちなみに今3月5日の早朝です。

この前の芦屋北水道か、

生命感出てきた御前浜か、

悩みどころです。

これからレポートさせてもらうなら北水道の方が良さげですが、

エェーイ御前浜!それでは行ってまいります!

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA