ジャクソン,アスリート,9S,インプレ,(おまえがするな!),南芦屋浜北水道,御前浜再び。

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

長い長いヘッポコ御前浜釣行記もやっと完結して。

自作バイブレーションの作成レポートを休日の早朝(というか、夜中)に起きて書いておりましたが、

今日の釣行のルアーの準備ができていなかった!と、

タックルボックスの整理。

意外にも入念にアフターのルアーは中性洗剤も使って洗い、水切りを完璧にしてからキッチリと風干ししてているのです。

ちゅうとります間に時間は迫り、

自作ルアーブログは中断して次回に続かせて頂き、汗。

御前浜に向かいます。

せっかく終わった御前浜釣行記、また始まってしまいました。笑

芦屋、西宮周辺の湾奥は8時半頃に上げ止まり、新月中潮、M字の真ん中の下げ止まりはおそらく13時半前頃。

先週金曜日に南芦屋浜北水道、芦屋浜ラインを釣竿持たずにお散歩した結果、なんだか良い感じだったのですが・・・。

 

〜そしてそして

いつものように〜。

タイムマシーンで3月1日の南芦屋浜北水道へ・・・。

実家にてかしこまった用事あり、

時間が空いたのでスーツ姿で南芦屋浜北水道石畳をお散歩。

湾岸線西橋脚下に近付くとシーバス狙いらしき少年2人組。

この時期はライトタックルにぶがあるのを知ってか知らずか、二人とも綺麗にライトタックル。笑

「どうですか?」と私。

「ダメです!!」(だめなのか?)

「さっき、排水口近くで、60cm代が浮いてるの見たよ!」

と、

スーツ、革靴で石畳をヨタヨタ歩いてきたオッさんであろう私。

「エッ!排水口ってどこですか??  そして、ミニカリしか無いんですが、大丈夫ですか?」

さすが、情報社会に生きる若者!限られたお小遣いでシーバスを手にする手段は、ライトタックルにミニカリを付け、水道西湾岸線橋脚付近をそーっと探ることだ!これでナイトだったら100点ですよね?それに比べて私などあの釣りにイライラしてしまって、ツイツイ巻き巻き大魔王に変身してしまう。笑 見習わないと!笑

「アー!充分それでいけるよ!底でユックリ巻いてね!」と、

何や?あのオッさん何や?

と思われているであろう私。笑

そう言った手前、

私がそこで釣りしないのは、

なんか・・・。

なんですが!

 

御前浜が気になるので御前浜。

そうそう!

別件で心配事が一つ。

跳ね橋ゴロタでの、相棒

『白ゴロタ姫』を最近見ない!

彼女(本当は性別不明)は我がブログのロゴキャラクター。

そして仲良しの画家さんの油絵のモデルさんでもある。

元気でいてくれればいいのですが・・・。

アッ!

居た居た!

傷は完治してませんが元気そうです。

そうそう!

モデル料を預かっていますョ。(猫ちゃんジャーキー)

『(寄ってきて)プイ!』

お気にめさなかった模様。

他の猫ちゃんsにやりますよーだ!

 

御前浜は上げ止まり。

(8時半エントリーかぁーい?)

最近になって、今更ながら、浦島太郎はミノーをいろいろ研究した。

そして現代ソルトルアーの目覚しい発展を目の当たりにした。

そんな感動さえ覚えた今日この頃。

そのほんの2年前。

30gルアー、ブンブン丸の頃。

『ピンテールチューン』つながりでたどり着いた、

ジャクソンさんの

『アスリート』(普通逆ヤン!)

シーバスやるならと中古ルアー屋さんで買ったは良いが、

完全に猫に小判。笑

『飛ばないなぁ?』と。笑

コレクション宝箱に『シーバスルアーの金字塔』とのデーターのみがインプットされたまま秘蔵。笑

それでもたまに持ち出すが

『やっぱり飛ばん!』と、また宝箱。

そしてそして、2年後のブンブン丸刑務所の刑期を終え、シャバに出てきた私。

(再犯の恐れあり!笑)

『人に小判』となりますかどうか。笑

真っ当なシーバスライフを送れるのでしょうか?

アスリートの兄貴!

会いとうございました!

兄貴は、そんなに深く潜らなかった。と猫脳のアッシでも覚えていやす!笑

ゴロタスレスレの1段目80cm水深ライントレースを目指し、キャスト!

『???!』『兄貴!』

飛んでる!アニキィ〜!

そりゃそうだ!

IPやらピンテールやらジクやら投げてる釣り人には発砲スチロール見たいな物に見えますわな!

元々ピンテールチューン兄貴の漢っぷりに惚れ込んでJackson組に入ったんで。笑

アスリート兄貴は固定真ん中気味重心なので

力任せに投げると、着水までにどれぐらいPEを捻るかの回転勝負に成ってしまいます。クルクルクル!笑

しかし、竿にウエイトを感じてシュッと逆らわずにキャストするとスリムなボディとリップの恩恵によりィー!「充分飛びますヤン!」

それで、

ここからが、ポイント。

着水後、水平。

そして止めててもしばらくは止まった魚のようにムズムズ(これに尽きる)

正確に分析なさる方はロール主体と仰られるが、泳ぎの質は『弱っていない無警戒な小魚』そのもの。潮に当てて引いてくるとウォブリング も程よくしている。

あんまり型にはめる動きでもないかと?

よくお聞きする、ロール主体的なイメージは、最近ミノーをかじり始めた浦島太郎の目には

『最近こんなん多いから』(イヤだから逆)

それも後々考えると、荒らす感なく、ド派手なブラッシングに大貢献。

何よりいま現在の私が最も注目する箇所は『ストップ』した時の余韻。

これはプラスチックと鉛の塊では無くアスリートである。

(そうですけど?)

ジャーク、トゥイッチ、早まきアンドストップ!

誰でも自動的に名人気分のアクションが楽しめる。

完全に魚。

邪道の藤沢周郷氏がいつかの動画の中でおっしゃっていたのが

『マイフェバリッドルアーをガッチリ決めて、それをガッチリ使いこなす。そうすれば自ずと、3つ使うならコレとコレを足すとかいう、セメントルールが構築される』

ソレが藤沢氏の場合は『ヨレヨレ』であると、私も合っていそうですヨレヨレは。

しかしミノーを使い始めるという方はアスリートは最右翼になってしまうでありましょう。

2年も宝箱にしまってしまって、

ごめんなさい!

買ってよかった!

さあ!

前回は使い切ってなかった

『ジョルティ』の再考察を、

今回はジョルティ投げまくりもやってみるか!(ブンブン丸再犯の香り)笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA