シマノ,サルベージ60ES,サルベージソリッド,インプレ 2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ココは3月5日の御前浜、笑

超優等生ながら程よい個性も入力された『サルベージ60ES』の使いやすさを再確認。

夙川河口沖のポイント、

深場を上からゆっくり目でテンションフォールを多用して上げ下げを繰り返しながら反応がないか確認。

どうやらやはり本命レンジは底のよう。

表層系は諦め、中層以下を小刻みに探る感じか?

 

そういう展開になると

更なる飛距離とフォールの速さ、

更にスレにくい微振動シャープブルブル。

ハイレスポンスで更にスピード感のあるリサーチができる

『サルベージソリッド』にぶがある。

行くとこまで行ったバイブレーション。

バイブレーション開発将棋である意味、詰んじゃってる。笑

素材や形状様々なバイブレーションが発売されているが、

それらを選ぶ時、本当に差が出るのは『沈下っぷり』で有ると私は思っている。

沈下速度を上げたいのであれば重たいメタルバイブでいいようなもので有るが、

『ズドン!』

ではなく

『スウィッ』と

ナチュラルに素早く沈下する、とは別物。

そして着水、沈下後の挙動。

軽いリフトをして、底スレスレで安心して一定レンジを感度良く簡単に巻ける。

このルアーは完全に詰んじゃってる。

 

メタルバイブ並みのキャスタビリティ。

キレがあり、かつシッカリとした波動。

手がグローブの様なオッさんの鈍感な操作でも、

結構秩序を守った動きを保ってくれる。

そしてそんな感度高く、

障害物回避性に優れた宝物はロスト済み。笑

ハニー沖辺りで私がカヌーで迎えに来るのを待っているはず。

サルベージES、ユズリハ、ムジュウで探るも不発、

たまに『ツン!』的な感じと、

明らかにボラさんの『グルン!』的なスレがあるのみ。

そうこうしている間にM氏ゴロタより参上!

河口沖から電話する。

「ハニーいい感じですよ、そんなに叩いてませんので!」

10分ほど私のヘッポコ情報を基に探られてらしたが、

反応無いらしく、河口に来られた。

バミューダを勇気を持って探られている。さすが鉄人。

河口東側、浜ブレイクと河口ブレイクが交差する辺りになんだか根掛かり悪魔がいる様。

必ず通す最終地点で、

分かっていても引っ掛けてしまう。

大きな木の枝が流れ着き、

そこに布やら袋やらが絡み付いている様な感じ。

それが昆布の様にユラユラしている様。

正面は反応なく、

南芦屋浜からの流れの東側の潮目狙いに変更。

M氏と並んで狙う。

クロスは不発。

流れに沿ってアップで1番を追随する様にカケアガリをトレースした時、

アタリを感じ!

アワセると同時にすっぽ抜け!涙

アワセが早かったか遅かったかも不明。

水中のたわみ迄はまだ計算できないおバカさんは『ガァーッア〜!』っと悔やむ。

そもそも、ライン操作が初心者なのに、冬限定の(夏には溶ける)漂うバイブなんかを作って、ソレをアップでなんか使うから、理屈は出来ててもテクが伴わない事象のサンプルの様なもの。

マァ良い、苦しゅうない!

練習!練習!

経験!経験!

もう少し粘りたいところですが、

毎週、毎週、釣りして、

夜は夜でルアー作りをしていても、

温かく支えてくださる妻に敬意を評して納竿です。

ショッピングのお供をしませんと。

まだまだいけそな御前浜。M氏に挨拶して

チョット名残惜しく浜を後に。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA