シマノ,サルベージ60ES,サルベージソリッド,インプレ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

3月5日の御前浜。

水は冷たいがポカポカ陽気で

潮は動き。

気配もまずまず。

しかしバイトまでは至らず。涙

「御前浜に居てはるんですか?すぐ行きます!」とM氏のライン。

この浜で出会ったM氏。

超人的持久力と行動力、勤勉パワーであっという間に私なんかより上手に・・・。

でもこんな風に仲良くしてくださる、かけがえのない釣り仲間である。

「今日は昼前に帰ります」と朝方にM氏にラインを入れていたのですが、行くからチョット待ってみたいな。笑

愛車のネイティブプレオから、新しい中古車のネイティブプレオに交換中に付き、

その日は家内の車を

「お昼ご飯までにはかえるから!」と借りてきた。

西宮北部の山奥の生活は車が無いと結構厳しい。

 そして海にも行けない。

そして、今日はお昼過ぎに仲良くショッピングに行かなくては行かなくてはならない。

マァ良い。細かい事をゴチャゴチャ言うタイプの妻ではない。

かな?笑

河口沖には当たる場所が2つ、

私は西側は探らないので、

東側沖に大まかに2箇所。

その手前のほうをリサーチ。

取り出したるは

『サルベージ60ES』

マァ!

市販の樹脂製バイブレーションを1つだけ使って釣りをしなさい、みたいなミッションがあったとしたら、

私は今のところ迷わずコレです。

第一に、

メッチャ使いやすい!

これにつきます。

 

そして安い!

どこでも置いている。

 

そういう奴ってなんだか

ベタ感というか、ありきたり感で面白くないのが多がちですが!

と言うなかれ!

実は意外にサルベージ60ESのブルブルって微妙に異質で、

ペタペタと水をはたく様な独特の水噛み感を持っています。

しかしながら、

投げる、

引く、

上げる、

下げる、

等全ての操作を感度良く

そして負担なく、

ストレス無くこなします。

シマノさんお得意のスキのない、緻密な、

あらゆる局面を捨てずに全てをパーフェクトに詰めている安心感。

おそらく開発時に監修なさったであろう、シマノインストラクターでも有る

『普通に僕らの先生』の

泉裕文氏もシャローではかなり使い込んでらっしゃる模様。

レスポンスの高いサルベージを上がり過ぎない様に軽〜く、リフトアンドフォールして、私がキビレ1匹しか釣れなかった、結構叩いたハニーに立ちデカシーバスをポンポン釣られた映像は頭から離れません。

お前浜に来られる前にマズメの芦屋浜で撮影されていた模様。

このサルベージで

『忍法ブレイクかすり』で簡単そうにポンポンと・・・。

さすがに関西デイシーバス界の普通に先生。

そしてそして!

更にサルベージソリッド、コレもヤバイ!のですが、

次回に続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA