続編,コアマン ,VJ-16,インプレ,(今頃なにを?)3.12御前浜釣行記,7

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

何故だか少々の後ろめたさを感じながら、VJ-16を投入。

ある意味、シーバスアングラーの夢を叶えちゃってるVJ。

何か、そんな物を付けて釣する時って、

欲求、欲望を

本当は良くないけど、満たしてしまった時の後ろめたさを感じる。

 

例えばそれは、

 

『ダイエット中なのに焼肉をたらふく食べた時』

だとか。

『娘に内緒で自分だけハーゲンダッツを食べた時』笑

であるとか。

などの背徳感(笑)に似た後ろめたさ。

 

このVJが明るみになった時。

フックの感じ、釣り師の技量が反映され過ぎる、など、ワーム系ルアーに感じていた私の不満が溶ける様に解消された。

その『魔法の人工ベイト』を

オアシスを見つけ、渇きを癒す、砂漠を彷徨う民のテンションで買い求めた。(おおげさな・・・)

まだ知らない方のためにザックリ説明させていただくと。

構成はジグヘッドリグに近く、前方重心だが、コアマン さんお得意のワーム装着部分のカリが鉛で出来ていて若干後方向けにウエイト配分が有る。

VJでは更に長く伸びたリアフックアイとなる横向け二列の針金の部分にウエイトを追加して、

逆さシャッドテールワームのロールしようとする作用を調整する

と同時に軽やかな波動と微かなS字起動を描くのに貢献する。

早引き下では

作者の意図通りのセッティングをすると

チドリアクションもただ引きで起こる。(こんなところでよろしいでしょうか?笑)

それにプラスして私が注目している特徴は

半分は鉛のボディに、

ラインアイは、

バイブレーション的な後頭部アイなのにもかかわらず、簡単に不快な抵抗なく浮いてくる事。そして、やや強リフトするとウネウネっと首振りで浮いてくる。

 

唯一の私的な欠点は2つ。

シーバスだけではなくチヌの反応が異常に高く。ヘタッピはワームをただ食いされる。笑

もう1つは、

一旦これを付けちゃうと、変えるタイミングを見失い、VJ大会になり、漁師さんの気分になってしまうこと。笑

デフォルトが私的にはバレやすい気がする10番トレブルですが、

8番に変えたところで機能ダウンしている感もないので、

その辺りはお好みでいいかとおもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA