邪道,グラバー,Hi68S,インプレ,2,3.19,御前浜,釣行記7

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

3.19雨上がりの御前浜。

キビレが釣れたのはいいが(スレ掛かりヤン!)

さっきから40cmぐらいのシーバスさんがチョコチョコ跳ねよる。

真チヌはんもポンポン跳ねてはる。

水温はマズマズ。

流れは最高。

釣れない言い訳は

「スレている」しか残らない。笑(そんなスレてないやん!)

そう言えば去年の今頃、黙っていてもチヌが釣れる季節になり、

バイブレーションボトムブルブルで

シーバスより先にチヌが釣れてしまって、

シーバスアングラーとちゃうやん!的ジレンマに悩まされた。

安易なボトムブルブル族からは足を洗い、

表層直下アタック教に身を寄せたのを忘れてはいけない。笑

そもそも、最初から『ボトム狙い』と、

『レンジを入れる』の違いを

最近身にしみて理解したかも知れないヘッポコアングラー。

四年もかかる意味は不明ではあるがなんだかこれからが楽しみ。(なのか?)

とりあえず表層直下を自分のイメージ通りに引くにはコレ!

飛距離がすごい、

巻いている限り表層直下一直線、

止めたらシンペン風ロールフォール。

ダートできるエビリにくい、

ジャーク平打ちでもトラブりにくい。

ボトムからの斜め巻きでも急浮上しすぎない。

前回のK-太がじっくり攻める釣りなのに対して

グラバーは早い展開でパッバッと状況を把握して、次々に場所を変えて探っていくのに向いている。

しかし、あの子シーバス達コレでも食わん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA