アイマ ,sasuke,120裂波,インプレ,3,御前浜3.26釣行記9

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

『ビュービュー』向かい風吹く御前浜。

キャスト自慢さんも真っ青。

猫、石畳の隙間にまっしぐら。笑

例えば、私の釣りをする様を、ベッピンさんでも見守ってくれているならまだしも、

はたまた情熱大陸さんのロケ隊さんが撮影にきてるならまだしも・・・。(来るかぁ!)

誰も居ない海で男前ぶって薄着の釣行、

南風ながら冷たい風。

 

『水ぬるむ?』かに、思えたシャローの水温は急速冷蔵。笑

天海祐希さん辺りが宣伝なさってそう。(するかぁ!)

そんなオッさんの身体は、

上は空冷、

下は水冷、

薄着につき風通しも良く、

能率的、

かつ、

確固たる物理大原則に基づいて誤差なく冷えていく。ブルブル

 

以前、これも同じアイマ さんの『コモモ90カウンター』を購入して、

浜に着き、投げる寸前の妄想。『  所詮は、中が空洞の、プラスティックの棒。   いくら飛ぶように鉛やタングステンの玉を仕掛けたところで、  そんな物がビュンビュン飛ぶはずが無い  』と、

半ば半信半疑でキャストしたところ、

たまげるようなキャスタビリティに腰を抜かしそうになったのは最近の話。笑

 

さて!

その『コモモ90カウンター』に負けない高評価 飛び交うサスケ。

どれ程の驚きを僕に与えてくれるのだろう。

(ええから!早よ投げぇ!)

 

しかし少し心配が・・・。

コモモはリップレスの中のリップレスで、

まるでロケットの様なシルエットで

飛距離を出すのに、空気の流れを遮るものはほとんどない。

しかしながら

サスケの方は、リップレスではあるがボディのラインの最後にリップに値する突起が僅かに出ている。

しかも基本設計しているのが『コモモ 90 カウンター』よりかなり前のはず。

さぁ!どうでしょうね?

いざ投げたり!

(ええから早よぅ投げぇ!)

「キャスト!」(やっとやぁ!)

 

『エッ?』

 

『エッ!エ〜エッ?』

ほんまスンません!

メッチャ飛びますヤァーん!

『投げ感ほぼジグ』のカウンターと

変わらないキャスタビリティ!

さすがに気になっていたリップ部のわずかな抵抗感は有りますが微微々たるもの。

アイマ さんって凄い、

ソリャ人気でるわ!

イヤイヤイヤ?

そして肝心の動きだ!

『飛んだらバンザイ!』風 の私とて、

飛ぶばっかりで動きがショボいルアーはご遠慮願いたい。

(ブログに書いてる時点で伏線やと想像つくわ!)

アッ!時間が無い!

続く!

(またぐんカァーィ?)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA