ブルーブルー、シャルダス,14,御前浜釣行記 2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

桜はあちらこちらに咲き、春爛漫ムードながら、車は凍ってたり、晴れたり曇ったりのお天気。今日はバカ遅く御前浜に到着、

てな感じで、お楽しみのシャルダス14を遂に使える。武庫川河口にいらっしゃる『鉄人M氏』からラインが・・・。

ガーンまた抜かされた!

基本ベースがシンペンのシャルダス。シンペン特有の『軽々感』は妥協かと思いきや、

結構飛ばすための重量感はある。しかもやや後方重心に付きよく飛ぶのは飛びそう。

けど、察するに泳ぐ姿勢はお尻下がりでブレードとの関係はVの字を描いたりするのでは?

『キャスト!』

飛ぶ飛ぶ!

結構飛ぶ。

こういう毛色のルアーってバラバラに飛んでしまいがちだが、

まとまりよく、

お行儀よく飛んでいる。

よく飛ぶミノーぐらい飛ぶので表層系ブレードツールとしては十分過ぎる飛距離。

着水!

固定重心ゆえ

着水即、指示待ち状態。笑

『ルアーが・・・。』なんて言い訳を、エリートルアーは許さない!笑

そのようなシンペンならボトム一直線と思いきや、

ブレードの功でレンジ調整はバタバタ考えなくともこちら主導を約束してくれる。

ブレードはサクサクっと小気味良く回り、

ボディとブレードは常に水平に近い姿勢でいるように絶妙なチューニングが施されている。

疑って・・・

連投連投でも、疲れにくい引き心地。

早巻き下では表層バタバタもこなし、立て竿下では『i字v波紋ややロール引きも』可能、

ユックリ下ではカウントダウンすればかなりのレンジをこれ1つで色々探れる。

特に15はシャローで更に使いやすく計算されているだけあって、そんなに気を張らなくても、ややこしシャローロスト渦には巻き込まれにくい仕様で、

釣りに雑念なく集中できてありがたい。

いくら高活性時の動画と察するに、

こんなに『迷いなくシーバスが食らいつく映像』が暗示しているように、

決してナチュラルな外見で無いのに全体イメージとして完璧に振る舞うものだから

形状のネガなど微塵もかんじられない。

そして小沼正弥氏とのトークで語られていた『バルダス』(シャルダス、バクリーブレード仕様)も次回に是非試してみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA