コアマン ,BC-26,御前浜釣行記 6

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

遂に本陣攻め入り、夙川河口沖。

ハニーでは

『コウメ60』に感動し、またはしゃぎ、

そして秒殺でロストし、でも『釣りって楽しいなぁ』と立ち直り。

曇っては晴れを繰り返す、私の心。実際のお天気もリンクして曇ったり晴れたり。

そしてオッサンタイムマシーンは訳あって本陣攻め入りの終盤戦に飛ぶ。

実際構成の妙などコントロールできる柄でも無いが、余りにドンピシャにはまった予測があったので。

ヘッポコでも、継続していれば、たまにはこんなストライクを投げられるんだ!的なお話。

確信している御前浜でのルアーの動きに絶対的な物がいくらかあって、

その1つにボトム近くでの

『チドリ、バタバタ系、中速引き』

マァ!

その時点でだいぶんスレさせる動きっぽいし、

なにぶん障害物を避けながら引いてこれる速度でもないので、終盤の最後の手段的な釣法でもある。

それにピッタリな自作ルアーも無いことは無いのですが、

何だか『零戦』的で根掛かり対策のフック配置を完成させるまで

余り、頻繁にできないでいる状態です。そして根掛かり対策万全でチドル。そしてメッチャ飛びのあのお方。あのお方に満を持して、おいで願った次第です。

みんなまだまだ騒いでいてもおかしく無いと思う!』

コアマン さんの『バックチャター26』

こんなにハマった時釣れる動きも無い様に思いますし。

そして春先のこの頃

『チドリ』が『動きのクセが強い!』笑 状態とて、

行けるハズと。

『キャスト!』

思った通り!この世で一番よく飛ぶ26gの鉛の塊をわずかにブレードがこの世一を逃した的な飛びっぷり!

青い空の、『この世一』の鉛の塊に

ヒラヒラ揺れるブレードが、空から既にアクションしてますよ!

 

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA