マッドネス,シリテンバイブ,53,インプレ,4.09,御前浜,釣行記2

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

桜はまだ私の目を楽しませてくれる。

そして南甲子園浜の壮大な景色、

そして御前浜のホッとする美しい景色。

andネコちゃんs。

 

『シリテンバイブ53』は

小沼正弥氏のインストール通りにサクサク、大空を飛んでいく!

着水!たった8.5gの小さな塊。程よくスピーディに沈下していく。

リトリぶと、完全無欠のハイピッチ微振動。

かなりユックリでも小気味よくアピールなさる。

小さなフォルム下で波動の存在感はしっかりと、

しかしながら水はシッカリと受け、操作はかなり楽。

引き重りもしない。

シルエットが小さい方が良さげな時に投げない理由が見当たらない。

スレた局面でしかもバイブで無いと無理っぽい時に投げる。

そのためにルアーケースに入れとかない理由は無い。笑

 

小沼氏も公言なさっている

『唯一の弱点』

それは針もボディも小さいのに90cmクラスがヒットしてしまって、取れない事。だそう。

 

幾分ウエイトが軽いので、ボトム近くで留め引きしようとすると

幾分上ずる感は有るが

それはそれでルアーと長く付き合えてよろしいかと・・・。笑

そしてヘビーウエイトのタングステンバージョンも用意されているので使い分ければ死角無しでありましょう。

シリコンの恩恵を受けながら

御前浜を探り尽くしたい衝動を抑えて

『シリテンバイブしかダメな局面』が来るまでガマン、ガマン。

ルアーチェンジ。

 

だってホラ!

となるし、

今の時期

この子達も大活躍する。

強波動、安定タイプの9番サロゲートはこの時期いい感じ。

小沼先生もおっしゃっていた。

『ベイトがボラ系の時は強波動、イワシの時はハイピッチ微振動タイプが良い』と。

ほらほら!デカチヌがスレだけどバイト!

ランディングネットまで出したらバラスの恥ずかしいこと!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA