コアマン ,PB-20,インプレ,4.16,南甲子園浜,釣行記5

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

スピナーベイトを海で始めて使ったのは

『邪道さんのクルクル』が最初。と言うフレーズを耳にする。

それは凄い発見でその後のシーバス界に多大なる功績である、藤沢周郷先生でしょうか?

いずれにせよ、さすが!

ありがとうございます。

 

しかしよくよく考えたら、

私が小学生の頃、

渓流のニジマス狙いか何かでスピナーは既に存在していた。

仮に私がマグロ用の飛行機で

オカッパリでシーバスを見事釣り上げたら

シーバス界に飛行機を持ち込んだ第一人者となる。

海でベレット型ルアーを投げて、

皆さんに見てもらいながらシーバスを釣れば

ソルトウォーターベレット第一人者となる事でしょう。

家島や宇和島近辺で流行るかもしれない。

(生簀から逃げた元養殖魚『ニゲ』パターンとか、笑。)

中学生の頃に本格ピザを焼き上げて彼女の家に30分以内に持っていき、

一緒にホクホク食べていたら宅配ピザ第一号だったかもしれない?笑

「おいおいチョット待て!僕たちゃ江戸時代から出前やってるよ!』と、

おそば屋さんに叱られるかもしれない、

というか、

同級生のNくんのお母さんの喫茶店は

ピザトーストモーニングの出前を昭和50年代にバリバリやってはったな?笑

 

少なくとも『PB』は魚が食いつく齧りしろの一番肝心な所にトレブルフックを装着し、

オカッパリで投げまくり探りまくる、機能と実力を有す、スピナーベイトのパイオニアなのである。

ピザが崩れない原付を開発して、

ピザが冷めない入れ物を普及させ、

お店も、ゲストも満足できる様に大判の具沢山なピザを幾分高い目の値段で販売したピザ屋さんも偉い様に。

フック位置、飛距離は言わずもがな、

私の注目ポイントはいじりようのない水馴染みとスピード感の両立。

特に20は、

その、気を引いて、食わせるための完璧なソフトが、

インストールされている。

投げていると変えたく無くなる。

気持ちが良い。

信頼できる。

引き感が快感。

レンジを把握しやすい。

速くも引けて、

スローにも引ける。

私の故郷。

なぜか心が洗われる。

 

しかし、

私が『コアマン』 で釣りたくない理由が実はあったりします。

(どうせお侍の土下座落ちやろ!)

ちゃうわ!

 

今日は釣り時間は4時間足らず、

サーフででアレコレやって一時間半が経過。

この前のポイントで本丸には触れず。

またディープならではの試みもしないといけない。

自作ルアーのスイムテストもしないといけない。

本丸を触ってダメな時は、

場所替えする程の時間はないが『コアマン 』ワンセットやってしまったら、

その後投げるにワクワクするルアーがなくなり、

釣行の何時間かは消化試合の様になってしまう。

だからヤッパリ実家に帰るのは最後にして、

それまでにコレはどう?アレはどう?と、

結論を先延ばしにする、趣向も必要だ。

と!

トットと

『PB-20』

『PB-13』

『VJ-22』を投げて

ノーバイトで痛感した!笑

イヤでも消化試合にはしない。私にはリーサル、リーサルウェポンが・・・。続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA