ブルーブルー,ガボッツ,インプレ,まるで『技巧記憶樹脂』

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近関西でもバンバン定着、品薄感が漂うブルーブルーさんのシーバスルアー達。

65を買っちゃったけどシーバスなら90でよかったかも?

代表の村岡昌憲氏、曰く。

表層リサーチはその後の釣りにプレッシャーを与えにくく、その上有効なので必ず最初に試す、とのこと。

しかし、

私個人としてはシャローで表層系って、下手にやってしまうと

何だか、魚の警戒心を増幅させている感じがします。(それは下手やからや!笑)  

しかしながら、難解な技巧を駆使しなくとも、奇跡的な動きをルアーに覚えさせて、販売なさる、村岡氏。

トップウォーターに宿した試行錯誤の結末やいかに?

そんな、

ガボッツ65のファーストインプレッションです。

ほかのポッパーやペンシルと違い、

ガボッツには素人でも水を噛むと分かる小さな突起がダータ的に配置されていて、

下アゴの突起が水を噛み、

上アゴは上へ上へとルアーを持ち上げる。

よって、

ルアーは何をやったところで表層から飛び出さず、潜らずを継続します。

バカ早引きすると

それは40gの後方重心ジグでも飛び出すので、

ガボッツでも飛び出しますが、かなりの巻スピードでも、表層をキープ。

しかも、普通巻のやや速スピード感でただ巻きすると

表層名人のアクションが自動的に繰り返され、

スロー引き圏内では

豊かな水量を動かすS字波紋を作り出す。

 6gと超軽量なのに関わらず

逆風下でも、以外に飛ぶし、

体感的キャスタビリティを有しています。

今まで表層系のアクションが苦手だった私。

これなら色々な場面で使い込んで行って、

今まで散々散らしてしまったであろう、(皆んなに謝れ!)

魚が取れるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA