続,邪道,冷斬,レザン,ヤット会えた!

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

我らが西宮市を本拠とされている『邪道』さん。

一体何が邪道なのか?

分からない、いたって正統派のやや革新的な魅力的なラインナップ

しかも、プロアングラーの布陣が完璧で、

村岡昌憲氏、大野ゆうき氏、レッド中村氏、

そして、邪道の顔、藤澤周郷氏。

皆さん言わずもがなな、釣りの上手さと、神がかり的なルアープロデュースでシーバス界のトップを走られてらっしゃるツワモノばかり。

私の『邪道さんは邪道じゃない説』言わば正統派であるという感想に賛成の方もいらっしゃるかと思います。

特に藤澤さんのルアー。上の動画で村岡氏が

『ガルルの20cmぐらいのあった方がいいと思いますよ』と村岡氏

藤澤氏『そんなんジョイクロ(他社製品)投げとったらええやん』

11分28秒辺りから始まるやりとり。

ココに藤澤氏の心意気というかポリシーが垣間見れます。

正統派であり、他と被らない革新性もあるルアー。

邪道さんのルアーには『ナーンダ』と絶対にならないルアーばかりです。

そして待ちに待った『レザン』

デイゲームでキャスティングジグとなると今まで散々眉唾物が多発して、投げずに溜まった物は多々。

本当に解説通りに動くのでしょうか?

『キャスト!』

イャ!だから飛びますって!

そしてなんと!

リトリーブすると普通にシンペンです。

イヤイヤイヤ!

ジグですよ!しかしお尻回しはせずに

ユラユラミノーとして表層近くを水を噛み良く引いて来れます。

さすがにスロースローであれば姿勢はお尻下がりに成りますが、

ミディアム以上で潮に当てる軌道で引く分には水平姿勢を保っています。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA