アイマ ,K-太suspend,『置いておけ!』

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

濱本国彦氏の一直線な物のおっしゃり方が心に馴染む。そして、

心に響く、分かりやすい。

 

お聞きすると腕の良いシーバスアングラーでありながら、

これまた、

腕の良い理容師さんである模様。(そしてヘアサロンオーナー?)

 

教え、教えられの職人さんの世界。

あまりフレキシブルな指導は教えられる方の心も揺らぐ。

信じてソレを一旦やり通して見るべし!的な表現の方が信頼性に足る。

 

そういえば私も磯でグレ狙いをしている頃、

ラグビーボール型の海面をフワフワ漂うウキに、

シーバスが齧り付くのを何度か見ている。

そんなものウキなんか齧らずに、針に付いているオキアミを齧ってくれればいいものを・・・。

と、

何度も笑ったが、

あとあと小さなワームを飛ばす、自作飛ばし浮きを試行錯誤していた時、

一応トレブルフックを1つ付けておこうか?と

考えていた事もある。笑

 しかし、つくづく

濱本国彦氏の『置いておけ』メソッドは極論をズバッと指南しながら、

その中であとはどう微調整し、

どう脱線していけば良いか?

まで説かれていて

『一旦、おっしゃっているように、信じてやってみよう!』という気になる。

しかも、前述の体験もあるのでなおさら、そう思える。

『置いておけ!』メソッドじゃなかったとしても

『K-太58suspend』かなりのルアーであるし。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA