邪道,グラバー,大野ゆうき氏の天才性について。

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

東京湾奥のプリンス大野ゆうき氏。

甘いマスクと攻めながらもアッサリとまとめ上げられた、ファッションコーディネイトで

『釣り』という、いささかオシャレとは無縁っぽかったスポーツに

一石投じた偉人でありましょう。

まぁ!

そんな事ほっといて

シーバス釣り師としての実力は一説には世界一ではないか?との噂も。

どこかの動画であの村岡昌憲氏をしても

『〜の魚は中々口を使わない、だってみんな大野ゆうき氏に一度は釣られているから』と

ヨーロッパのことわざの様な発言をなさっていたはず。

プロの間でもレンジをセンチ単位で読み取る技量に

『マジかよ?』的な発言をなさる光景も何度か見た。

以前私が聞いて驚いたのは

『まだまだ具現化できていないアイデアが沢山あるのでドンドン進めたい』的な発言。

ダイワさん、

オルタネイティブさん、

邪道さん、

メガバスさん、

アイマ さん、

マングローブスタジオさん。

あれだけの定番化率の凄まじいルアーを世に送り出されながら・・『まだネタ有るんカァーィ!』という感じ。

一体!釣具店に

『大野ゆうき氏プロデュース』

のルアーどんだけ並べるつもりなの?という感じ。笑

ただし、ほぼ、どデイゲームの私には、お作りになるミノーはどちらかと言えばナイト向けの物が多く、

そのおかげで『大野ゆうき氏プロデュース』系は落ち着いて計画的に優先順位を持って揃えていく事ができます。

そんな中で、

大野氏曰く

『ほぼデイ向け、ナイトでも使える』

カテゴリーの筆頭的ミノー

『グラバー』

このグラバーなど

『元も子もない』出来過ぎルアーで。

『ドシャローの表層直下を早引きで引ききれるバイブレーションはできないものか?』なんて、コネコネ制作を繰り返しては失敗したその日々を返してほしいほどストライクである。

しかもフォルムがしっかりしているので、

そういったバイブレーション完成の折に十分に強い使用意義が残る。

飛距離◎、動き◎、融通◎、レスポンス◎でシャローの表層直下を早引きで攻めるのにはこんなに使いやすく、楽なルアーもあまりないでしょう。

しかもその気になれば『エッ!』ぐらいスロー引きのシンペン使いもできる。

これ1つ、つければ

シャローでの、塗りつぶし項目の大半を埋めることができる。

それこそ、あまりテクの方がよろしくない私の様な頭ではわかってるんだけど的なアングラーが

簡単に天才の技量を拝借出来る仕様となっております。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA