続,クリアハード,カチカチのバイブレーションワーム?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

私は釣りにかかわらず、

いくつになっても太陽の下で遊ぶのが好きで、

結構、海水浴、清流浴?をよくしています。

水中メガネを付けて、潜水していると、

釣り師目線では『ベイト』と称される魚に遭遇します。

川ではゴリ、ハヤ、オイカワ、ウグイなど。

海ではキス、サヨリ、イワシ、ハクなど。

それら全てフィッシュイーター目線で潜水して眺めると、

ほぼ大多数が光を通して透き通って見えているのが確認できます。

何度かご紹介していますが、海遊館で撮影させてもらったイワシの動画です。

水族館はお客さんに魚を見てもらうため、調光には配慮しているはずですので、

逆光であれば、もっと透けて見えるはず。

というか、

海水浴でイワシなどに遭遇した場合は結構『どクリア』に見える場合が多いです。

そう考えるとデイゲーム系のカラーリング、

下地に銀、金ありきにそんなにこだわることもないのかなぁ?と。

そしてワームの爆発力を鑑みるに、

クリアの潜在需要(笑)は計り知れない。(おおげさな!)

しかしまぁ、クリアハードの出番つうものが私の釣りに存在する限り、

なにがしのタイミングの妙というものがある模様。

何度も何度もご紹介して

『もうわかったからぁー!』と

どなたかに言われそうな私のお気に入りトークショー。

カラーを3つしか持ってはいけないとしたらの質問に、

松尾氏は

『昼も夜もコットンキャンデー1つでいい』と。

濱本氏は『クリアで即食いが多々有るので・・・』的な。

ほらほらほら!

クリアの能力って侮れないと濱本先生も仰せですがな!

ワームは大好きなのですが、早引きがちな私は口まで針を入れられない事が多く

『ワームかな?』的なタイミングに、

このクリアハードを投げてみてそれでもダメならVJやワーム的な。前回も紹介しましたがクリアハードの説明動画です。

宜しければチャンネル登録をお願いいたします。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA