続々,シーバス,ブラックバス,ワーム,根本的に違うのか?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

チヌの落とし込み釣りや青イソメの流し釣り、

はたまたグレのフカセ釣りなど、

餌をユックリと沈下させる釣法って、

バスには色々あって

シーバスやチニングにはあんまりない。で『あれっ?』と。

海でも餌釣りならみんな普通になさってるテクニック。

『そうか!偽餌だと見切られるのか?』と、思いきや、

非凡な天才、お馴染みの師匠コンビ。

いくらボートからだと言えども黒いワームを半分こして、笑、

これといったロッドワークもなしにバンバラバンに釣ってはる。

でもでもあんなにエエ感じのストラクチャー。

一回ぐらいシーバスがヒットしても良さげなのですが、

釣れるはヤッパリ立派なチヌはん。

そう言えば

大師匠

『泉裕文コアマン 流師範代』

も沈下で言うと早い動きにしかシーバスは反応しないとも。

うーん?

でもヤッパリ気になる。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA