陸続き,西宮ケーソン,阪神間のメッカ

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近何だか私自身、機嫌が悪いのか

珍しくネガティブ傾向ですが、

こんなに有名な名釣り場が近場にあるのは誇りといえば誇り。

本来の自分に立ち返って、今日は西宮ケーソンベタ褒めと参りましょう!

海の果て感漂う風情が居心地が良い

なんと言っても私の若い頃はこの西宮浜埋立地は

まだ空き地の広場のような状態で、

車免許取立ての私たち世代には、ドライブデートの定番で防波堤カツカツに車を付けてドライブスルー的に夜の海を眺められる、貴重なスポットでありました。笑 

よくよく考えてみると、

今、ケーソンの付け根の

不要車をリサイクルしている風のあの施設の下がスリットの防波堤、

あの場所だった様に思います。

ガシャんガシャんとペシャンコにされて分解されていく車、

乾いた風に独特の砂埃とオイルの匂い。

お世辞にも空気が良いとは言えませんが、

独特の風情があふれ、

映画『バクダットカフェ』をおもいだします。

孤独と自然と廃棄と出会い、なんとも、いつでも感じられる感覚では無い。

水は大抵濁っているのですがなんとも独特で結構居座ったりしてしまいます。

最近余り見なくなりましたがこの筋にはよく台船が止まっていて、

キワキワに縦の釣りや船べり通しをしてまた歩みが止まる。

手前の内湾側とてベイトも多く潮も良く通り、そしてある程度深いのでとてもいい感じ

なのですが、外向き以上にスレッスレの事が多いです。笑 

一つ目のL字の外向きには凄いテトラが

海上、海中にも敷き詰められていて、

この辺りが、

エビ巻き、フカセ、シーバス、落とし込みの全本命ポイントであろうと思います。

ゆったりとたっぷり転がっているテトラにシーバスやチヌがウヨウヨ潜んでいる模様。

仮にココがプライベート釣り場なら、毎日入れ食いだとおもいます。

しかし釣り師の往来が激しい場所でもあるのでやる気のある魚も多いながら、

ややこしい水中ストラクチャー絡みに魚も沈んでしまっているので、

魚を引っ張り出した上にガッツリ食わせて、その後はある程度強引目にやり取りする、

テクニックが要求される様です。

それより先は沖堤防そのもので、

潮目を頼りに深い水深下でレンジやパターンをいち早く見つける勝負。

そんなに簡単な釣り場ではないですが魚影は濃いのである程度の確率はある釣り場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA