邪道,ヨレヨレ,つくづく感心

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今年もあと僅か!

けたたましく忙しく、

その間に頑張って時間を作り行く海。

『マァ、ゆっくりして帰って!』と。笑 

イヤイヤイヤ!

全然海でバタバタさせて頂いて、いいんですけど!笑 

『今年からミノーも頑張るぞ!』と

そんな目標を掲げて釣った一年。

そして、自作では、強波動タイプ、ボトム近くでのリフトアンドフォールタイプ。

スラロームシンペンと・・。成果は無いでも無いが、さすがに大殺界の最終年。

こういう時はひたすら荒地を耕す様にコツコツと努力を積み重ね、掃除をしたり、軽い筋トレなんかをして、来るべきチャンスに備えるのが過ごし方の秘訣なのだとか。

性格的に短気では無いのだが、セッカチであり、

すぐに行動するのが、私の長所であり、短所。

考えたら今年は『そういう時期の運も意識しながら、じっくり状況を見て、確実な判断をする』的な事も出来たかも?

そうそう、いくさに例えると

先頭を馬で刀を振り回しながら進むのではなく、

右膝を地に付けて、目と耳をすませ、刀を抜かずに待ち受ける、居合斬り。

(何故いくさに例える?笑)

そんな戦い方も出来たのではないか?と思えた。

そうそう!

ヨレヨレ!ヨレヨレ!

イヤハヤ!

場末の素人、デイゲーム限定釣り師の私。

沢山の自作バイブレーションを製作している事もあって、

かなりバイブレーションへの依存率は高い。

そして沢山のデイゲーマーがバイブレーションを投げている。

ミノー頑張るぞ!と意気込み、色々試して行くうちに、藤澤周郷氏プロデュースの邪道のミノーの汎用性の高さに驚いた!

使用するまでは、釣り人をかなり選ぶ味付けなのか?と

勝手に妄想していたが、

とんでもない!

デイゲームでも快適に使える使用感。

信頼できる、そして1つのルアーで使えるスピード帯の幅が広い。

 

そして、存在だけは

前から重々承知で、

遠目に見ていたヨレヨレ。

藤澤氏と村上晴彦氏の

DVD『ムラサワ』で

南甲子園浜でのデイボートシーバス。

水没水族館跡のストラクチャー、ワンチャンス的にヨレヨレを。

んんん?

あんなスピードで巻いている。

私の妄想よりかなり早い。

ヨレヨレはキビキビ動き、

直線上昇気味、

食わせるというよりリアクションか?と思うほど。

コレがアマチュア・ユーチューバーの動画なら

『あー!こんな使い方もあるのか?』という認識であろうが、

作者本人の使い方なのですから。

私は目を白黒させました。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA