南甲子園浜,ルアーテスト,と,神戸,大阪の微妙な違い考

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ずっとお天気は暴風雨の予報で何なら雷雨さえ囁かれている。

大阪風に天気予報を訳するなら。

『土曜日から火曜日迄雨降るで!海は荒れるし、風は強いで!雷も落ちるかも知らへんで!知らんけど!』的な。

私は余りこの『知らんけど』的な口癖は使わないが、大阪人は男女問わず、使う人が多い。

兵庫県南部の沿岸部、東から尼崎市、西宮市、芦屋市,神戸市東灘区。

尼崎市と西宮市民は方言や文化的に大阪感が強く。

コレが芦屋市と東灘区辺りまで続くが

芦屋市で神戸感を帯びて、東灘区になると神戸感が強まり(当たり前か?神戸だからしかし、東灘区ぐらいなら大阪感はまだ強い)

コレが灘区になるとほぼ完全に神戸(感)になる。

大阪弁と神戸弁の分かりやすい大きな違いは、タメ口での語尾。

『行くの?』だったら、

大阪弁は『行くん?』となり、

神戸弁では『行きよう?』。

『何、言ってるの?』は

大阪弁では『何ゆうとんねん?』となるが、

神戸弁では『何ゆうとお?』となる。

『〜なの?』は

大阪弁では『〜るん?』となるが

神戸弁では『〜よう?』や

『〜とお?』となるケースが多い。

知らんけど。笑

 

逆に私みたいな

『面の皮が面本体より厚い』

人間は不確実な情報さえ、確実な事実と信じ込んで、普通に話していたりして、後々苦情を浴びせられる。笑 

考えるとあれだけいにしえからの都会である大阪。

首都の座を得たのは聖徳太子さんの時代だけだそう。

大坂城で有名な豊臣秀吉さんの時代も実は京都が首都であったそうで、

いつでも大阪は

天候や時世の影響を受けやすい

食料や、マーケティング・相場などを担当する事が多く、

不確実なのに責任重大な事を担当していた模様。

故に実際は

慎重で保守的で謙虚な方が多い様にも思える。(逆説的では有りますが。笑)

 

食べ物の微妙な味付けも、

大阪の場合は塩は薄い目、コクを重視、甘め(北部の感じ)だが

神戸に行くと味付けのキレを重視している事が多い様、

余り甘い強い味付けは無く、

大阪のオカンのオカズの様に、一口オカズを頬張ったら、ご飯を3口ぐらい食べる様な味付けではない。

余り近畿から出る事は無いが、

近畿内でウロウロして食べたり、お喋りしていると、

そんな近畿の微妙な違いを感じる事がよく有り、面白い。

ゆうても最近は西宮市からあんまり出ていない感じでは有りますが。笑(ヤレヤレ何アカ!)

そんな私の昨日は南甲子園浜釣行。(釣りアカ維持!)

コンマ67とクロカモ、クノイチ、トレトレ、マル秘ペンを磨いて行かないといけない。

早朝の阪神間山間部は嵐の様で『釣りに行くのはマゾ』的な天候であったが暫く様子見。

そして『行かなしゃぁない!』的な動画撮影。

とにかく釣れなかろうが、雨に当たろうが、何とか今取り組み中のルアーのテストがしたい。

でないとルアー試行錯誤的には一週間を棒に振る。

そこは天気運だけすこぶる良い『天下御免の晴れ男』 

意を決して出かければ雨は止んでいて、何なら道中にお日様も射してくる。

到着!

しかし風は強いし、海は荒れている。

こんなんでルアーテストできるん?的な。

でもやはり違いはわかると思いますよ!的な。

知らんけど!笑

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA