続,釣りウェア,コーディネイト,のお話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

物騒なウィルスが日本に・・・。

コロナといえば昔のトヨタのカローラよりチョイ上の車。(オッさん丸出し)

ほらほら良くライムを絞って飲んだ淡麗な南米辺りのビール

(バブル崩壊の主犯世代!)

もう!そんな物、ウィルスにあんまり、神々しい名前つけないで!

ドブ太郎とか、キラーなんちゃらとかでいんじゃないでしょうか?笑 

最近は一般人とてマイナンバーで認識しようか?というご時世。

O-157的な感じを踏襲すれば良くないですか?笑 

さて!

話は前回の続きです。

ロゴがバーーン!みたいなウェアを出来れば着たくない私。

かと言って

余りに黒や濃紺一色であれば『何かの職員?』風情が出てしまう。

モデルが悪いのは言うまでもないのですが・・。汗 

んで!

一時、ゆうてもそんな

『何かの職員』風の格好で

住宅街のコインパーキングに車を止めて

浜迄早歩きで歩いていたら、

すれ違ったご婦人に

「何かありましたか?」と。

『???』

 

 

『!』

機動隊的な?

「あ〜!釣りに行きはんのね?」と。汗

 

そして最近、残念な事が。

軍隊払い下げの古着。

古着界では大定番!笑 

アウトドアはもちろんOKだし。

丈夫だし、防寒、はたまた通気性にも配慮されている。

いるか?いらないか?は別にしてポケットも大概沢山。

そして安い。

基本古着なのでしっかりした厚みの生地は

もうゴワゴワせずにしっとりした着心地になっている。

しかもカモ系の色は大好き。

迷彩も大好き。

中学生位から良く着ていて、

例えばカモベージュのハーフコートなんか着ていた頃は、

何故だか『ヘイバヨウ』なんて仇名を付けられていたし。

迷彩を良く着ていた頃は

『マダラ』と呼ばれていた。笑 

マァ、釣りとかアウトドアとかを頻繁にするタイプの人以外には

一般的ではなかったし、

当時は変な格好だったんでしょう。

でも今はベタになってしまって、コレもまたチョイ恥ずかしい。

基本、ミーハーなのでとても流行っている内は良いが、

峠を過ぎるとチョイ恥ずかしい。だから、元々好きで何なら良くも悪くもトレードマーク的であったのに、今は選べない。笑 

ひと昔前はそんな感じのデザインってメッチャ高い海外製品にしか無かった。

しかも以前頻繁に通った鮎釣りとなると尚のこと、カモ系など存在していなかった。

やはりそのぐるりでも私が迷彩柄のキャップなんかを探し買い求めて被っていたら

『迷彩くん』なんて呼ばれてた。

釣りとは自分の存在を出来るだけ消して挑む物。

鮎釣りの頃、ウェアに不満で、迷彩とかカモとかないかなぁ?と。

なるのは当然。

色々聞いてみると

『気配を消し過ぎてもこんな山中では、ハンターに打たれる』的な。

海では磯釣りの格好も迷彩にしたかった。

そして海でも

『余りに風景になじみ過ぎると有事の時、気付かれにくい』的な。

だからと言って赤!黒!金!銀!

からノォー!黄色で文字バーーン!でなくても良い様な。

要は好みなんでしょうけど。

っうか!

私は今は適当ですけど。

ミーハーだから流行は好きなんですけど、

私の好きな色とか得体の知れん肺炎とかは流行らないで欲しい物です。

(座布団、全部没収、笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA