自作バイブレーション,4年間で感じた事。(4年間の流れ) 第10話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

9番サロゲート(73mm)の(細手で動きはど真ん中系の自作バイブレーション)はOKと言えばOK何ですが。

お手本である市販のバイブレーション群から飛び出た個性が有る感じでは無く(ソレで別に良いのですが)、

空気?とか、水?とか自分で揶揄していたわけです。そしてそんな9番は暫く放置されます。何より52mmから60mmぐらいの完成経験しかない状況で

いきなり73とか80というのも敷居が高過ぎたか?と、

64mmぐらいにして徐々にデカイのを攻めていこう!作戦に変更します。型は5番の物をベースに64➗52≒1.23(倍)に何もかも単純に拡大しよう!と。笑 で端数とかは重たい大きいに振ろうと。やって見る。

『重っ!』

ナンジャコレ的な正体不明の引きオモリ!

何だか訳が分からなくなって来た。

あんまり深く考えないで

ボディを比重の軽い『モデナソフト』に変更。

只々水中での浮力を持たそうと、太い目、多い目に纏います。

すると今度は水面を飛び出しやすくなってしまって、

速引きする時に非常に使い難い。

こうなってくると『試みは完全失敗!』となるのが知性ある常識人の判断なのでしょうけど、

頭に蝶々が回っている私は

『重たくしてまえ!』と。笑

頭のオモリを

いきなり6gから10gに。

お腹も1.8gぐらいからいきなり2.8gに。

かなりのウェイトアップではあるのですがコレを投げて見ると、

ガッツリ纏った浮力ボディはゆったり目シンキングを保ちます。

そしてリフトはしっかり目に振動。

フォールはフラフラ気味。

リトリーブの軌道も

ボディの浮こうとする働きと

重たい目のオモリの沈もうとする働きが拮抗して、

微妙に上下にフワフワとした起動を描きます。 

最初の趣旨から大分脱線しましたが、笑 

『オモロイ!』と。

重量も20gそこそこなのでよく飛ぶ、気に入って投げておりました。

そうこうしているとチヌ(笑)がよく釣れる。何だかチニング師の様になった。

そして、そんな時、御前浜で事件が!

『泉裕文氏、御前浜出没』

その頃はチヌしか釣れない感じで結構悩んではいたのです。

ところが、

私が散々探ってキビレ一匹しか釣れなかったポイントで

サルベージesと思しきリフトアンドフォールでポンポンシーバスを釣ってらっしゃいます。

『??』

『!!!!!』

釣り場で泉裕文氏に会うなんて兵庫県民の特典と言えどもとても感動。

釣りが上手い人の釣りを目の当たりに。

しかし、ない事に実質的にいつも御前浜で一緒に釣りをしていた『鉄人M氏』が

こんな時に限って武庫川一文字に渡ってらっしゃいます。

ソレはソレは悔しがり、私に泉氏がどんな釣りをなさってたのかバンバン聞いて来られます。

そして私のバイブレーションを「使ってみて下さい」と渡す。

『よく飛ぶし、フワフワ巻いて来ると、チヌならたまに爆釣します』と。

M氏はソレを使いリフトアンドフォールで(笑)シーバスを釣ります。

私の自作バイブレーションが初めて人の役に立った瞬間です。

そしてソレは1人歩きという副産物も追加して。笑 

10番サロゲート『マガタマ』の誕生です。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA