御前浜,南甲子園浜,シーバス,釣行記,ルアーテスト,第三話

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近は少ない目の釣り時間。

余りにも居心地が良くて、狙い所もまぁまぁ把握している御前浜。

粘りポイントも多い、御前浜。

最近のデイシーバスの状況が芳しく無いにしてもとにかく楽しい御前浜。

逆に足が遠のいて今年初の御前浜。

釣竿持ってウエーダー履いて参上!

クロカモいてますやん!

 


忘れちゃならないネコちゃん
s

(写真がないですが我がマスコット『白ゴロタ姫』は帰りの車の中で道に居るのを確認)

やっぱり猫のいる環境、なんとも楽しい!

やはりゴロタと海藻帯の定番は『プルプル』系。

そして『マル秘ペン』

プルプルは御前浜で使用するなら絶対エース。

マル秘ペンも元は半信半疑だったが、

縦の釣りを念頭に四苦八苦していたら、i字という副産物が浮上してきた。

そんな中でバスであるが、大先生・加藤誠司氏のトークライブでのi字指南。

コレもなにかの巡り合わせか?

しかもジャッカルさんの最新ワームとマル秘ペンの形状は酷似している。笑

たまたま道に落ちていた宝くじを拾ったら七億円だった様な気分!(大袈裟な!)

i字系として抜群の安定性能を見せる、マル秘ペン。

しかし、肝心の海藻帯ツンツン沈下(本来の目標)をする時には問題が多発。

この偶発的流れに乗って

i字直進ペンとして磨き上げるのも悪くないですが、ここはあえて茨の道『両立』を目指す。笑 

そして『マユ67』

シーサイドコスモではほぼ100点。笑 

やはり御前浜では思う様に動かない。

52mm、73mmが強烈過ぎる中、67mmだけが動かない方向にふられがちなのは訳が判らないがそこはガッツリと分析して先ずは把握しよう。笑 

そしてコレも問題児『ズー』

コレもまだ100点には程遠い。

重たくて良く動く最高のバイブレーションが『ズーの失敗作』として量産されていく。笑 

 

例年通りなら厳冬期の御前浜。

水も冷た過ぎず、風もさほど冷たくなく快適である。

とにかくここは居心地が良い。

心が洗われる様である。

蓋を開けたら、テストルアーをドンドンボツにしていった私の『母なる浜』笑!汗!

必ず息子は立派になって帰って来ますから!笑!汗!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA