続,南甲子園浜,釣行記,コンマ,ダコール,2月20日

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

南甲子園浜メイドの『コンマ』

なんとしてもこのややこしい南甲子園浜のポイントで

万全のアクションと使い心地を確立する!

 

そして

マユ67

始祖のクロカモ

ダコール

『マユ・シリーズ』スラロームとバイブレーション的波動・ノーアクションタイミングのある無しでかなりの枝分かれが。

背中アイタイプのシンペンって、決して私オリジナルでもなく

結構クラッシックな部類かも知れないが、

歴代市販品でマユ製作時に色々調べたが(出来たところでバリバリに『知らずパチリ』だったとか悲劇なので)

その全てを、なんともキラキラした目で見てしまう程の魅力的なルアーであるにもかかわらず、そのほとんどが廃番になっている。

そしてユーズドなどを購入し実際使って研究すればいいんであろうが、それはしていない。

理由は2つ。

一つはそのモデルの出来に引っ張られて自分のオリジナリティを失うから。

一つは同系統の市販完成品が私の理想に近かったりすると試行錯誤の活力を削がれるから。笑 

そして時代は移り変わる。

シーバスルアーの価値観も、私が始めたつい最近から鑑みても、

水の噛み方、アクションの程度とか多彩化しているので

新種が未開の地から発見される?笑

様な事もありうる。

更にデイゲームだけやっている私にとって

『無駄遣い?』『猫に小判?』と

感じずにデイゲームで正々堂々と安心して投げていられるルアーって、コアマンさん、ブロビスさん、邪道さん辺りの縛りに私的にはなってしまう感覚が強く。

『ナイト用をデイに転用』的な感覚が多いのは否めない。

『デイ用がナイトにも有効』な次元って、これからのシーバスルアーで増えるべき!と、おもっている。

で、今日は飛距離とスラロームの期待の星

『ダコール』

言わば『ヘビーシンペン』『ジグミノー』の縛り。

そして南甲子園浜攻略用。

前方固定重心、背中アイ、67mmで28gクラスの重たさで、

飛行姿勢は悪かろう?だけど

細手のフォルムとその重量で飛距離を出す事が目標。

その上、前方固定重心の真上にアイが有り直接引っ張る関係上、体感的なレンジコントロールが容易で、水を噛みながらも巻き心地は快適。

本家の『マユ』自体が今のところ最近のミノーに近い飛距離なのに対して、

ダコールは最近のシンペンに近い飛距離を目指したい。

しかし断面が正方形に近いフォルムは

水を受けるのは良いけれど、投げた時の空気も受けてしまうのは必然。

しかし飛行姿勢の探究と、スラロームの度合いの中で必ず落とし所があるはず?

マユは言わば設定はガチガチですが、ダコールに関してはフリーな訳です。

んで『ダコールtake 3』が完成!

南甲子園浜メイドの『スーパーマユ』を目指す。

画像は前の奴です。汗

キャスト!

飛ぶけど回転は防げないか?

『クルクルクル!』

イヤイヤイヤ!

せめてバイブレーション程度であれや!

take1.take2とも飛行姿勢は良かったのに改悪されている!

しかも動かん

『ん?』

動いてる?

わずかなスラロームとロールや!

軌道は直線や!

i字?

んん?

バチ用?スレ用?

アチャァ〜!

新種か?

あらあら?

マユ系はややこしいなぁ!

ドンドン新種が出来るわ!

なんか動きに風格があるな

『大納言』とでも名付けますか?笑

発見!発見!

って喜んでる場合でもないか?

お隣で海老撒き釣り師が

チヌをバカバカ釣ってらっしゃるわ!笑 

釣りの実績も今年はあげないと・・・。笑

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA