コンマ67take9,南甲子園浜,釣行記,汗,2月25日

ようこそおこしくださいましました!フミニイです!

最近曇りがちな阪神間。

『真冬のお天気悪い』も、雪にならず雨になる感じは、

悪い伝染病を蔓延させない観点からすると好都合で、(ひどく空気が乾燥しないので)

歴史はそれを『令和の神風』とか言うんでしょうか?

情報の選択肢が沢山ある昨今。

『マスコミ・テレビを信用するな!』や

『ネットではあり得ない陰謀論が氾濫』とか。

結果、

『考えられる配慮は全てやる!』となって、

何のための情報か?と

なっちゃいますが。笑

 

考えられる事は全てやる!が

日常茶飯事の私。笑

『回海戦術』で、(海の様に広大なやり直し回数作戦)

只々理論もそこそこに

『達磨さんが転んだ!』的な展開を見せる。

コンマ67もtake9に。

take7で気が付いた肉厚な頭。

ツイツイその画期的進歩の嬉しさに引っ張られて、

ボディがドンドン肉厚になってしまって機敏さが消えていた。

一旦落ち着いて考える。

『そんなに太って無かったよね?』

(コレはたまに妻が私に言う言葉でもある。笑)

私は痩せようが肥えようが機敏に動くが

コンマは肥えたら機敏に動かない。笑 

なんだかんだで針付けが朝になり、その他諸々もあり、

今日は仕方なく10時出動。

相変わらず雰囲気は最高の南甲子園浜。

曇りのち雨的な、お天気は気にくわないがこのご時世は良しとする。

ルアー側はチョットした事で勝手が変わり、

海側の事情でも勝手が変わる。

でもルアー側にチョットした万能配慮が有ればルアーの使い心地は万能に近い使い心地に成る。

しかも個性は潰さない。

コレ私が生きていく上での目標の一つでもある。

 

ちょっと前の私であれば完全に自分用(上手く出来たら鉄人M氏用)であった自作バイブレーション。

なんらかの形で世に問う意気込みを帯びちゃったもんだから、ハードルが上がる。

これまでは

『コレはコレで良い。』となっていた物が

『ダメェ〜!』となる。

三代エース『コンマ』『ムジュウ』『プルプル』は

誰がどこで使っても、私が感じた使いやすさと、アクションを体感してもらえる様にしたい。

その中でも特に異彩かつスタンダードである『コンマ67』は

『場所の状況や、操作角度よってイメージが変わる』という、ソルト系なら普通にあり得る傾向も

可能な限り払拭したい。

楽しくて始めた自作。

だんだんマジになって来る。

悪い癖?良いところ? 

何でもとっかかりは気分転換とか言ってフワフワ入るんですが、

気がついたら真剣になっている。

その上『迷ったら即行動』的な行動力と言うか、軽率さが身体に染みついているもんだから大変!汗 

私の思考コンディションと言うか、パターンは月の満ち欠けのように緩急の曲線を定期的に描く。

インスピレーションに占拠され発想を絞り出す。(1番楽しいところ)

アーでもないコウでもない!と思い詰めていく。(知恵も浅く、技術も薄いので大変!でも楽しい) 

決まったら野獣の様に行動する。笑 (得意、笑)

 ↓

(成功したら羽毛の様に浮かれる。笑)

失敗したらめげずにチャレンジ (結構、粘り強い。笑)

何度か繰り返す (雑草の様に)

↓  

余りにも思い通りにならないケースが続くと、防衛本能が働き、一旦忘れる。(大人の知恵)笑

 

しかしマァ、細かい事を詰め始めたら素人には中々厳しい、精密な世界。

ミリ単位の攻防を人海戦術(一人だから『回海戦術』?笑)で可能性を塗りつぶしていく。

こんなに短期間に同型のルアーを何度も作るなど、どう考えても余暇の気晴らしでは無い。

かといって何ら何かの役に立つ訳でも無いのなら『努力』でもない。笑 

そうそう、私は何者でも無いまま、険しい表情でルアーを投げる。

コンマ67take9。

実際魚を釣ったのはtake3だし、自分専用で有れば充分な性能。

なんなら微妙に違った風合いを楽しむ事だって出来る。

しかし決めたんです。誰が投げても『なるほど!』となる様に仕上げると・・・。汗 

『キャスト!』

スピード感は幾分増したのですが、前方の重たさが手に伝わる。

いい感じではあるがいつかのテークで感じた爽快な使い心地がない。

姿勢も改善された、ウネウネも出ている。

しかしまだまだか?

使い心地の爽快感は大事。

釣りが楽しくなるから。

もう一歩!

コンマ67はtake10に突入だ!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA