自作バイブレーション『プリズム』,更にマル秘ペンにもう一つのマル秘感

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

最近『マル秘ペンシリーズ』づいてる感、溢れる私ですが、

元筋の

『サロゲート シリーズ』の四苦八苦が終わった訳ではありません。笑

コンマ67で

『一回キッチリやってみよ。』とやって見ると、

仕上がったと思われた

『ムジュウ』や『プルプル』も、

もっと細かく詰めて行きたくなりますし、

何かとアイデア先行型人間は、宿題が多く、

しかも夏休み終了5日前・感が

ずっと続く感じで、

中々『ヨッシャ!』と落ち着く気持ちになれません。

 

何より

『人より多く魚を釣る』とか、

『人の行けない場所に臆さず行く』

(高い所、雷,野生動物、虫、蛇、トイレ無い、シャワー無い、車中泊、オバケ、全部怖い!)

とか、

『大学で工業力学、もしくは工業デザインを学んだ』とか、

そんな付加価値は微塵も無く。

 

『変な物をコツコツ作る(爆)』だけが

唯一のアイデンティティー。笑 

初めは人の(特に初心者の)役に立つ様な

分かりやすい情報発信

私は〜がわからなかったが調べて〜だと分かった。

的な、ブログやYouTubeを作って行こう!と、始めました。

しかし蓋を開けたら

『ヘナチョコ素人ルアービルダー・珍道中・物語り』(イヤ!ドキュメンタリー?)的な事になっている。

 

色んなルアーを試すのは大好きだし、

思うがままにヘナチョコルアーを作るのは楽しい。

そしてそれを休んだら、

ブログもYouTubeも止まるシステム。笑

ゆえにシステム上、

私の発信が『Twitterでジョーク記事連発のみ』になっている時は

『骨休め中』と

察しください。笑 

 

『サロゲート シリーズ』は

ほとんど

『防水粘土ソリッドバイブ』で有るが、

 

別に『メタルバイブ』が嫌いなわけじゃない。

と、言うか『大好きです!』

 

むしろメタル100%の方が本来は好きです。

 

しかし!市販ルアーのメタルバイブの充実ぶりたるやハンパではない!

アイアンプレート・トレイシー・レイン・メタルエッジ・ジグパラブレード・アイアンマービー・スパロー・ザリメタル・

ほらほらサッと私が思いつくだけで、

かなり住み分けされた優れたメタルバイブは沢山。

しかもメタルバイブの場合構造的にも動きの特性的にもハッキリしているので

仕組みをイビツにしうるプラグバイブレーションと違いバリエーションの幅は狭い。

 

鋳物が怖い!という事情も相まって

「市販の〜を投げとこ!」となる訳です。

そしてソレは、主にIP

『モースト・リスペクト・ルアー・イン・マイ・ライフ(笑)』(文法ぉ!)

『コアマンアイアンプレート26。』

オモイッキリ飛ばして真っ直ぐ巻いてくる行程で

私的にコレほどまでに

『腑に落ち・・・る、笑』(乱文ょ!)

ルアーも珍しく。

『アイピー投げたくて始めたシーバスデイゲーム』と言っても過言では無いほど。

ルアー自体の実力は言うまでもなく、

その快楽的使用感は私のヘナチョコ天邪鬼脳を持ってしても

『ココをこうしたらどうか?』なんて言う発想にならない。

そして前述の偉大なるそれぞれのメタルバイブも担当領域で最大限の詰めがなされていて、

逆に『こんな物は今、私がわざわざ使って釣果を得る必要もない。』と思えるほど完成されている。

だし!好きだ! 

そして自作している時も、

メタルバイブの絶対的飛び感と

目指すアクションのキレを上げたい時に

メタルバイブ製作が頭をよぎる。

サクサクパチパチロールさせたい『2番トレトレ』とか、

大遠投ブルブルがコンセプトの『17番アンショワ』とか。

そして唯一メタル必須であろう?の番手が、

22番サロゲート『プリズム』完成してないのに名前つけちゃった。(ルールゥ!)

中速巻き下で、

巻きを速巻きに上げようとすると

チドリ始めて姿勢も不安定になる。

適当街道でたまたま見つけた挙動。

開発時はただただ、鉛の部分と真鍮板の部分を滑らかに仕上げたい、と

削ったプリズム感。笑

速巻き程の力で巻いても

チドル事で進行スピードは中速のまま。

しかしルアー自体には

速巻きテンションの巻きパワーが注入されているので

波動の水押しが強力でアピール力は高く変化している模様。

しかもその強波動は引き重りでは無く

ルアーのアクション挙動のドライブ感に起因する状況で手に伝わる感覚は快適。

 

『猫に小判』とはこの事で

元々目標到達点が別の構想であったため。

『失敗か?まぁせっかくだから使おう』

ぐらいの位置付けであった。

 

チヌが御前浜で即グイしても!

 

表層を通していたら、シーバスが食いあげても!

 

『ふーん・・・今日はヤケに魚がいっぱいいるなぁ?』と。笑

 

15g、60mmクラス(当時)のメタルバイブ。

2つ作っていたが2日分位の釣行で綺麗にロスト。

その頃はメタルの塗装など

今以上にトホホでしかない仕上がりであったし、

まぁイイや!と。

 

んな、中で、

それを手が覚えている的な曲面が・・・。

色々試すが『違うか?』的な。

 

『・・・・・・イヤイヤイヤ!アレやん!(当時、プリズムはアレ扱い。笑)』

 

急いで再現!

『ならん!』

(お馴染みの・・・)

そして放置。笑 

蒸し返し。

メタル100%で無くても底重心スリム、上向口元カット、背中シャープで成り立つか?と。思いきや!極々普通のバイブレーションが・・笑

 

『ならん!』で? 

放置。

そして三度目の正直を目指す。

弱気にラフを一つ作る。笑

(最近覚えたエポキシパテ仕上げ。

 

 

そして絶賛進行中のマル秘ペン?

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA