続,自作バイブレーション『プリズム』,更にマル秘ペンにもう一つのマル秘感

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

阪神間はまた雨模様。

大好きな晴天!一日半で終了。

 

しかしまぁ!

コロナ肺炎騒動云々から大体天気はぐずつきっぱなし。笑 

雨模様が極度の乾燥を防ぎ、感染症の蔓延を抑えうる事は事実。

 

とは言え、

徐々に広がる感染者。

ネガティブな見積もりでは、すでに日本人も半数はキャリアでないか?という噂も。

しかしまぁ、感染力自体はインフルエンザに比べると穏やかで有るという情報もある。

何より経済悪化も洒落にならん。

マスクとエタノール以外は余り売れない、

お店にお客さんが来ない、つぅような状況。

学校は休み、外食は見合わせで、

この世のオカンも骨の休め所がなくなる。

この際、『安価な得体の知れない衛生管理外食』は控えざるを得ないかもだが、

個人でこだわりの味とおもてなしをする様なお店に繰り出すというのはどうか?

そうすれば『旨い店』も衰退せず、オカンの労いにもなるというもの。

 

『天下御免のへタレ男』の性質上、

周りの大事な方々が、得体の知れない疫病にかからぬ様、

仕事でもプライベートでも過剰とも言える注意喚起を促してきた。

私の場合その類のタイミングが早過ぎるのかどうか?

まるで『オオカミ少年』扱いされる事もしばしば。笑 

阪神間も少ないながらも発病者が増えだし。

みんな

『オオカミは本当に来てたんだ!』的な。笑

 

『天下御免のへタレ男』的にズッと『気にしろ!気にしろ!』という立ち位置にいたにも関わらず、

 

自体は急展開し

『気にするな!怖がるな!』

となだめる立場に変わる。

言うても『怖い!怖い!』と言い続けた人間。

何が怖くて、何が怖くないか把握している。(もちろん分かっている部分だけですが)

沢山の人がよく触るところ、

例えばドアノブとか手摺りに

なるべく触らない。

触らざるを得ない状況なら触った後の手は消毒。

決してそのまま顔、目、鼻、耳、そしてトイレ的なとこ、絶対に触らず、必ず消毒してから。

そしてマスクはマスト。

 

しかし実際のところ、いくら気をつけて生活した所で、

一人暮らしでなければ、誰かが家は常に出入り。

キャリアだ!

どうだ!言って

家族に帰ってくるな!的な事を言うわけもなく、

言った所で自分が既に保菌者かも知れないし、

家族の誰かが明日、発病するかも知れない。

予防だけ完璧にして、

後はドーン!と構える!

そして仮に

家族や仲間が発病したら

 

弱った人を健康な人が助ける ↓ 

回復したら弱った人を助ける。

予防をしっかりしていれば、(病気としてインフルと同等だとすれば、)

世話役を巡回する事が出来る。

 

そんな感じで腹括りましょう!

蝶々!蝶々!

(楽観的で乱暴な思想!)

 

イヤイヤイヤ!

 

ルアー!ルアー!

 

さて!

1番・2番マル秘ペン以外は、

取っ掛かり半分冗談で始めた『マル秘ペンシリーズ』

フリーハンドで作った

『3番マル秘ペン』は

 

『えっ?マジ?』的な

未知の動きをみせた。

 

『コリャ!色々試す価値アリ!』と、悟った瞬間!

まるで『パンドラの箱』を開けたかの如く、(邪悪なもんが出てくるんカァーィ!)

あーしてみてはどうか?

こうしてみてはどうか?と。

子供の頃からの自由で無邪気な何にも臆さない感覚

『わがまま発想係、自分・甲』

酸いも甘いも知り、自分が今何をやるのが良いかすぐ悟れて、たとえ、ソレが本意でなくても愛のため、とか何かの保守や繁栄のため頑張って、幾分クタクタのオッさん。

『コツコツ実行係、自分・乙』が、せめぎ合う。笑 

『甲はんよ!無責任にどぉ?どぉ?ゆうなヤ!』 

『乙はん!ドンドン行くよ!がんばって!肩モミモミ!まぁ!まぁ!まぁ!』的な。笑 

(二重人格?)

 

『お手隙の時、倉庫の丸テーブルをリビングに出しといてね!(丙)』

(人格3人目か?)

・・・

妻や!笑 


その乙さん、休日のパパよろしく、仕事から帰ったら横になり掌枕状でYouTubeを幾分鑑賞し

『よし!』と着手!笑 

しばらくすると

『ご飯出来たヨ〜!』と

丙さん。笑(丙さんは妻1人)

実際問題、

ご飯を食べて英気を養うのは気分的に甲さんで、笑

食後はタバコなどふかしながら、

あーしてみてはどうか?

こうしてみてはどうか?と

楽しく考える。笑 

一方、部屋に戻った

乙さんは

(分けてるけど甲さんと乙さんは両方、私)

仕事でクタクタなので休みたいが、

甲さんが

『やって。』的な。笑 

そうそう説明が必要かも?知れません。

私のルアーの造形が独創的と面白がってくださったかたもいる事でしょう。

独創性のある(ヘナチョコやろ!)ジャンルは無邪気な甲が無責任に言い出して、

成り立たなくなったら、

乙に丸投げするシステムで。笑 

乙はいつもヘトヘトというパターンが慣例です。(イヤ!だからどちらも自分やろ!)

しかし今回この『22番目のサロゲート』 は

ほぼ『乙』の作品である。

甲のパターン『みつけた!』ではなく、

『乙』が地道に育ている、のである。笑

 

形状的に極々ベタベタで、

仮に『私の作品に近い』と、誰かに怒られても

『はっ、すみません、お許し下さいレベルチャウン?』と、

甲も言っている。

IPやシュナイダーやレインやらトレイシーやら全てウエイト部以降で

背中辺りの鉄板が山型にせり上がり

への字に折れていくパターンのヤツや!

しかし速引きでチドル構造を

甲が

『見つけて、放ったらかし』

今では乙がその動きを形状のこだわりとか関係なく理屈で再現しようとコツコツ蒸し返している。

だから形状の独創性はカケラも無い。

 

話は変わって

『マル秘ペン』

ただ今!甲の独壇場。笑

フリーハンド即席で仕上げられた『3番マル秘ペン』などは、甲が乙に頼らず1人で仕上げたイメージ。

乙はしきりに盗作チャウン?と忠告している。

しかし『マル秘ペンシリーズ』には

『根幹的なマル秘性』が

実は存在している。

ソレは散々、甲が好き放題発想して、番手か沢山になった時に

『乙』が発動する。

ほとんど足踏み状態の

『デイミノーシリーズ』も同様。

甲に好き放題考えさせて

『乙』のトラップが発動する、仕組みになっている。

そうそう!乙は真面目だか、

あざといオッさんである。笑

詳しくは又発動時に。

ヤレヤレ!

丙が

『家のお手伝いもチャントやってよ!』と、言っている。

ソレでは、又次回。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA