続,南甲子園浜,3月17日,シーバス,釣行記,orテスト?

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

すっかり春感 ↑気分は浮

お天気良好↑浮

経済ボロボロの日本。沈↓笑(笑いごとか!)

 

イヤァ、リアル経済ゴリゴリ界から遠ざかり

田舎でボチボチとやっていて良かった!と胸を撫で下ろす。

イヤァ!株式投資にハマって私財を投げ打つ賭けなんかをしていなくてよかった!っと。笑

イヤァ!そして繁華街ウロウロ習慣も元から個人的に自粛していて

『近場アウトドア』『クラフト引きこもり』一辺倒の生活を6年間以上続けて来てよかったっと。(良かったのか?)

なんらほぼ私のルーティンと支出には狂いが無い。

マスクと入念過ぎる消毒が加わった程度。

 

そして季節は

シーバスハイシーズン(チヌはもっとハイシーズン)に突入。

さて!

ポッカリ開いた釣り師的功績、笑 

さて!私的ハイシーズンは皮切られるんでしょうか?笑 (知るか!)

 

サロゲートシリーズ、

唯一の純正メタルバイブ

ド・シャロー御前浜発祥のメタルバイブ

『プリズム』

とりあえず南甲子園浜でテスト

特徴としては63mmレベルの小さなボディにしっかりしたウエイト、

短いテール。

ギリ!ジグバイブではなくメタルバイブのテイは守っている感じ。

名前の様にボディ部分は『三角プリズム』のように三角柱状にカットしてある。

フェイスはアゴ部分で斜め上にカットしてあり、

ボディが持ち上がる様な構造がある。

しかしシャープに切り込まれたウエイトの効で引き抵抗は極めて軽く、かつシャープな波動を出す。

アップで速巻きのスピードを上げて行くと、後部迄重たいウエイトが不安定化して、チドりアクションを発生し蛇行し始める。

なので速く巻いても直線状の進行スピードは抑えられて、波動だけが強烈になって行くという算段。

コレ、私の中の真面目人間人格『乙さん作』だけあって、

見かけは平凡だが結構できる。

見かけによらず使用感も風変わり。

キャスト前はドッシリとした重量感を感じるのに

水中では至って軽快である。

 

『ド・シャロー御前浜』in『ド・初心者』の攻防!

数々の殉職者!

IP26・IP13・PB-20(まだ13がない頃)・

ジグパラブレード・トレーシー・レンジバイブ・ミニエント・サルベージ。

合掌!

バイブレーションに不可欠なのは?特にメタルバイブに求められるのは、

リアクションバイトを誘発するスピーディーな沈下。

『ザ〜〜〜ット』巻かれていたブツが止めると同時に『ストン!』と消える様に落ちる。

『逃すか!』的に反射かじりをする。と、

推測される。

コレ!

この理屈!余りにも重要!一丁目一番地のノウハウで

バイブレーションたるもの!

飛ばす為に重くあるべし!

食わす為に『ストン!』と、落ちるべし!である。

しかし

フジツボや牡蠣殻付き岩に留まらず、

太いロープやドンゴロス、ブルーシートまで沈んでいる御前浜。

そんなもん!

ポケーっと投げたら、地雷まみれの野原をビーチサンダルで走る様なもの。

根掛かりしないためのロッド操作を授業料(ルアー代の事)いくら払って習得したところで『ストン!』でお陀仏。

根掛かりには取れる根掛かりと、決して取れる事の無い根掛かりがある。

それを証拠に私の右の手のひらに『手掛かり、笑』した時は病院で取ってもらった。笑 

いっそのこと『ストン!教』から脱退しよう!と。

そのためにはお腹は真っ平、で尻尾もギリギリ迄、真っ平。

上に行く力には無抵抗になる様にウエイトは三角にトンガラす。

口は上向きにカットして巻いた時に上昇水流ができる様に。

しかししっかりとしたウエイト、ラインアイにかかる力がルアー全体を持ち上げる様に作用しやすい後方充実ウエイト。

バランスを崩し切るギリギリのバランス。と、

マァ!言うも言うたり!理屈のオンパレード!

蓋を開けたらベタベタな形状。理屈磨き上げアルアルである。笑 

しかし、理屈の世界観ではボディ自体は尻上がりの方向を向き(テールフックを下にする為のへの字ではある)。

ウエイト自体は尻下がり。

しかもイビツな低重心なのに、巻いている間のルアー全体としては上に行く力をサポート、下に行く力にはイビツに水の抵抗を受ける様に。

そして直進時は全体が上に向く様にカットされている。

だから重たいメタルバイブとて極端な『ストン!』はないわけです。だからコレは『真・巻きのメタルバイブ』な訳でストップアンドゴーなどリアクション系の重要要素を完全に捨て去り、その代わりその他の使用感を限界まで追求したものなのです。続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA