バークレイ,デックス,インプレ,続,南甲子園浜,釣行記,3月24日,

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ハクがピシャピシャ跳ねてる南甲子園浜。

明確なポイルなどがある場合は別として、

これだけ広範囲にハクが広がっていると投げどころを見失う。

こういう場合はもっと湾奥の御前浜の方が有利なんでしょう。

というか阪神間の砂浜シャローのデイはチニングが好調な模様?

結構な釣り人がいらっしゃる模様。

いずれにせよ『11番サロゲート 』や『小海老状サロゲート 』などの

チニング兼用・極小系を冬の内に仕上げ、量産しておけば今頃、楽であったんでしょうけども・・・。

冬の間は秋の大振りを引きずって

デカい目のルアー仕上げを一生懸命にする事が多い。

そして超序盤のメダカハクぐらいでスモールベイト対策を!と

開発・仕上げにかかり、

ソレが秋にひのめを見る的なパターンを繰り返す、ズレぶり。笑 

しかし、バターンを仮に外していても釣れるか?は

ルアーの汎用性にも関わる話なので、合否のフルイが荒くなり、

何を投げても釣れる!的な季節の好条件の中であると

自作自体のジャッジを客観的に下せるというメリットはあろうかと推測される。

とは言え、

今の感じここでは、真昼間に釣りたいのなら、スモールベイトバターンしか手がない状況である事は明白。笑 

極小バイブ系はその構造の細かさゆえ、ホイホイ着手して、3日仕上げでポンなんて芸当はなかなかやりづらい、

ソレならビッグベイトの方が楽チャー楽。

市販の50mmを遥かに下回るシーバス用バイブレーションは少なく、

バス用なら色々有るが、機能的に完全に巻き巻きよりリフトアンドフォールにふっている物が多く、

姿勢も前傾オーライが主流。

しかもそう言ったバイブの水中動画って、やはりただ巻きなんかは撮影していなくて、自分用を選ぶ際の判断がし難い。

そしてこの前、黄色いお店、笑 でアレやコレやチェックさせて頂こうとみていると

『バークレイ デックス メタルバイブ』の新品が300円のセール中。

49mmの11g もっと小さいのも存在したが初回は無難に。カラーも海アリ的な物が多い。

そもそも元値が激安で有り、気にはなっていましたが

『思ってんのと違う〜!』となったらなんの事やらわかりませんし。

しかし300円か?買っちゃおう!と

ナニワのケチケチアキンド体質の牙城は崩された訳です。笑

そもそもバス用のリフトアンドフォールにふられたメタルバイブのバランスって、完全に頭に重りが多く配置されていて、

海目線的に極端な前傾になる事が想像できて、コレを海で使うとなると釣り方にかなりの制限が有る事が確定する。

しかし、

貧乏性のフミニイ的にはもう一つ前にラインアイを開けたいところ。笑

『あれっ?』かなりお腹側にボリュームが!

コレ!

ただ巻きもいけるかも?的に。

春先の極小しっかりブルブルバイブのハマり率は絶大!

さてこんなに塗装もいい感じで300円で買えたりしたらかなりの戦力になる!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA