バークレイ,デックス,インプレ,続々,南甲子園浜,釣行記,3月24日,

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

『到達と始まりの季節』

何かと忙しく、何かとモノイリで、

しかもコロナ騒ぎは人体への危惧は言うまでもなく、

世界経済に大きな危害を及ぼしている。

しかし、よくよく考えてみると、前向きに楽しくすごしたら何もかも『無』よりか『有』であるし、(究極の蝶々?笑)

そんなに大した事は本当は何も起こっていないと考える事もできる。

いつか交わした誰かとの約束がもしもプレッシャーになってしまっているのなら

『チョット待ってネ!』と言えば良いのでは? 蝶々!蝶々!

 

例えば

どっしり柔軟なサンドバックが

バリバリのパンチャーにいくらドツかれても平気な様に、

自分のペースをなるべく崩さずに(予防と節約はある程度必要にしても)、

ドッシリ柔軟に構えるべし!と私は思います。

仮に陰謀者なんかがこの世に実在するのであるのなら、

日本産まれ人に備わる、

無から愛情や秩序や楽しみを見いだせる素質(本来のサンドバックを凌駕するポテンシャル)まで分析出来ていないと思うので。笑

そんな陰謀が有るんだとしたら、そんな物、糠に釘パンチに変えて、

ワハハ!と

笑ってやりましょう!笑

蝶々!蝶々!

 

さて!

脱線ついでに(序盤から線路などない!わぁ!)

お話しはJR西宮の171号線にある、お馴染み中古も売ってはる、

黄色い魔界のお話し。

釣具店たる物、最近は駐車場完備の大型店舗が増えて、

単純に目当てのアイテムを購入するには非常に品揃えも豊富で便利にはなった。

ゆえにサッと何かを買うのにチャッチャと済まして

トットと出たいところなのですが、

豊富な品揃えに目が止まり、

5分で済ませる用事が

1時間になったりする事はしばしば。笑 

オマケに小さな包み袋でポケットに入れるクラスの買い物のつもりが、

出る時は大きな手提げに予定外に変更されていたり、笑

なんなら背中に棒状の荷物を担いでいたりする。笑 (アングラー七不思議?)

 

ゆえに釣具店に入る時は余程の覚悟を持って、

自分の状況、収支などをもう一度思い返して、

くちびるをギュと噛みながら、はちまきでも縛って入らないと、

中々帰って来れないのです。笑(んな!大袈裟な!)

しかも西宮の黄色いお店の場合は、

物理的にも、入るのは簡単、

しかし、車で駐車場から出る時は、物理的に難解!笑

一歩間違えたら、西宮住宅街の『とんでも一方まみれ迷路』にハマり、

気がつけば、

自分の意思に関係なく

甲山に登っていたり、

廣田さんにお参りしたり、

するわけです。

(ソナあほな!)

(けど、実話!笑。『天下御免の方向音痴!』)

 

さてさて!

はちまきは割愛し、

マスクをして、

くちびるを名一杯、噛みしめ

魔界に突入したものの、気になるブツが。

『バークレイ DEX メタルバイブ』

生粋のシーバスアングラーの皆さんは

アイピーをはじめとするシーバスメタルバイブの普及ぶりに

メタルバイブはシーバスの専売特許とお思いでしょうが

(そんなん誰も思ってないわぁ!)

なんならバス界がルーツである事は容易に想像できる。

以前はバス界でもメタルバイブは巻物系であったらしいが、

今では真冬から初春のボトム・リアクション責めの

リフトアンドフォールがベーシックな用途となっているらしい。

ゆえに新しい目のバス用メタルバイブはほとんどが

極端な前傾、

極端な強波動傾向で、

ノホホンとただ巻きを安心して繰り返せる様なアイテムではない模様。

しかしバス用メタルバイブのサイズ感は魅力。

ターゲットがバスであるがゆえにメバルや鰺用のメタルバイブの様に針が極端に小さく、ソレに見合うボディ調整をしているわけでなく、

ウエイトもアベレージで10g前後は取れている物が多い。

シーバス用のMLぐらいで充分に不自由なくキャストできる。

ソレに仮にダブルフックが頼りないと感じる人は10号、イヤ!8号ぐらいならネガ小で交換できる様な気もする。日本デザインゆえコレも超前傾かと思いきや、 

なんだか巻き巻きにも使えそうなウェイトバランス。(サロゲート的には親近感を感じる極端な真ん中、充実感、水平姿勢に近い事が期待できる)

何より慢性金欠病であと1日安静にしないといけない(明日が給料日)

そんな私でも、

300円で冒険出来ないオッさんは海賊王になんか成れはしない。笑(君?ルフィやったん?笑)

他のバス用メタルバイブがマットだったり、

独特の海では無い系カラーリングが多かったりするのですが、

カラーバリエーションを見ても、海オーライ系が一杯!

とりあえず無難に青系クラッシュラメを。

本音はもっと小さくしたかったところだが、

自作のミニ系との比較をしやすい様に私的に定番サイズの49mm、11gをチョイス。

そして南甲子園浜で試す!

この向きで余り釣れないがこの風景が大好き!笑

 

そもそもリフトアンドフォールをする際にトラブルが多いようで有れば

バス用バイブとしては生き残れないはず?

なのに極端な真ん中重心を連想させるフォルム、

きっと絶妙なバランスに調整されているに違いない。 

『キャスト!』抜群の飛距離、姿勢もぶれず安定している。

よくよく考えたらメタルバイブや!笑 

さて問題の巻き巻き沙汰。

ううぉう!

やはり!しっかり波動、

しかし、巻き感穏やか、

やや前傾ながらもシーバス巻き巻き派さんも優しく受け入れる水平気味姿勢。

オマケに巻き巻き軌道にクセもなくレンジ調整も感覚的にできる。

私がしっかり波動系でよくやるやつや!

しかも本分であろうリフトアンドフォールはもちろんやりやすい。

コレからシーバスはスモール系がしばらく有効であろうし、

シャローの高活性時のチヌハンを秒殺するにはもってこい!

しかも値段が定価で500円って!

フックはカルティバ標準装備だし!

あんまり安いのって、逆に

『安物買いの銭失い』を連想して、敬遠しがちだが、

この『DEX メタルバイブ』に関しては『銭を失う』なんて皆無。

只々春のオカッパリ・デイ・アングラーの強力な武器。

そして釣り人のお財布の強い味方である様だ!

やはり、食わず嫌いは経験時間の損失ですな!

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA