センジュ・プレート108,四苦八苦沙汰,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!『到達と始まりの季節』

娘のお世話に妻も、飛び立った。

3日間、現地でレンタカーを借りて、車を駆使して娘の暮らしの用意を整える算段。

しかしながら、

良くも悪くも天然でお馴染みの自慢の我が妻。

娘の時は

『ミネラル不足にならない様に食事を考えて!』とか

『現地での能率の良い行動の手順のアドバイス』とか

どちらかと言えば大雑把な内容を告げる事が多かったが、

妻には

『手荷物を引き取る前にトイレを済ませて!』とか、

『鍵を無くさない様に!』とか根本的な細かい警告をせねばならず、

どちらが親か判らない状態。笑 

案の定、チェックシートまでお作りしたのにも関わらず、

マスクを忘れて出発した模様。沈 

『タオルを顔に巻いて代用するわよ!』との事だが、

そんな過激な学生運動の様な風情で飛行機に乗せてもらえるかは疑問。爆 

 

さて!

ルアーの方はいよいよ初ミノー(何度かの自作は既に失敗済み。笑)

1番カマキリや2番ツチノコを飛ばして、

いきなり3番のセンジュからスタート。

理由は単純で

形状はイビツなれど構造、理屈は至ってシンプルで

具現化して思惑通りに動く確率がいちばん高いから。笑 

しかしながらセンジュ・オリジナル構想はジョイントルアー。

ジョイントはジョイントで動きが想像しやすいメリットがあるが、

ジョイントが故の複雑さと、リスクは多々あり、

いっその事、ジョイント無しから着手して、

なにがしの感触を掴み、

それを糧にジョイントをがんばろう!と。

塩入りワームの様に『水に浮くけどある程度の比重』が期待される『アガチス材』を使ってみる。

バルサに比べ硬質で加工には骨が折れるが、

サイドが垂直平面が前提のセンジュ。成形は比較的に容易であるのではないかとにらみ。

一度は試したかったアガチスをチョイス。

題して『センジュプレート』

しかしながらジョイントという付加価値を割愛して

羽付きミノーなんて、いかにも『発案しリケリィ〜ィ〜!』的な感じだが。

何の事はない羽短い目の『漁師さんのヒコウキ』でしかないという噂も。笑

ほらほら!こういう時に元ネタが実際どんな動きをしているのか?全く

確認していないのは楽しい!

手に入る地図をあえて見ないで旅立つ冒険の様である。笑

 (ソナ、ええもんチャウワァー!)

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA