第二話,センジュ・プレート108,四苦八苦沙汰,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

この騒ぎの中、何食わぬ顔で華麗に桜の花は咲き誇る。

『日常の幸せは何が起きても崩れないよ!』と、言わんばかりに。

蝶々!蝶々! 

とんでもコロナ騒動(ん?パンデミックの事か?)前に、

消毒しろ!

マスクしろ!

宿題やったか!

歯を磨いたか!と、

うるさくウザい存在役を繰り返していた私。

『ホラァー!皆んなの日常の用心が根付いていればもっと防げたよなぁ〜!』なんて言った所で

『テメエ!事あるごとにそんな感じじゃねぇか!』的な反応は必至。爆 

しかし周りの大切な人々も

『もう!うるさいなぁ!』とか言いながら、反応してくれていた。

このまま身近な感染無く、収束する事を切に願います。

さて!

センジュプレート四苦八苦沙汰!

僕にも出来るシンキングペンシルからステップアップともいえる。笑

以前、ラパラさんのカウントダウンの『余りにも理想の挙動』に感動して、

完コピを、素養として試みた事がある。

余りにも完璧な動き。

余りにも定番で何十年も現役バリバリの神的ルアー。

構造などどこなと書いてある。笑

現物を仮に持ってなくても再現は容易であるはず?と

やってみた。(持ってますが)

 

『クルクルクル!』爆 

『俺!ミノー才能無いや!笑』と

本気で思ったかどうかは別として、


しばらくは手付かず。

 

しかし、

お馴染み、私の中の『甲さん』は

「こうしたらどうよ?ああしたらどうよ?」とか

いつもゆうとりますが。笑 

やっと着手してくれた

『乙さん』

条件として、

いきなりジョイントはイヤ!と。(全部自分ヤン!)

 

そもそもビッグベイトなどのジョイントの場合。

仕込むウエイトの大半をラインアイが接続される頭側に持たせるのがセオリーであり、

お腹側を重たくするとジョイントの意味がなくなる場合が多い。

しかし、構造的にかなり暴れるセンジュの場合。逆にいい塩梅になるのでのは?という算段。

何よりビッグベイトやジョイントルアーが後方重心で実現できれば

海の巻物的に遠投性能を充実させられる。

と、

その前にリップ位置、

ウエイト位置、

単純垂直平面ボディのポテンシャルと弱点をジャッジ。

そして、

ジョイント無しにはジョイント無しなりの

思わぬメリット何かが降って湧がないか的な冒険性もある。笑 

と、『甲さん』を説得(だからぁ・・・)

 

さてココからは『乙さん』の独壇場。

ボディのテンプレート。

針金のテンプレート。

リップのテンプレート。

とりあえずリップの素材は0.5mmのステンレスを使う。

満を侍しての初ミノー。

さて仕上がりはいかに。

続く

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA