番外編,どうやったら安心か?,外食に行きたい!

ようこそおこしいただきました!フミニイです!

食べる事が大好きな私。

外食は一つの趣味でもあり、美味しいものを食べらる喜びは何にも変えがたい。

しかし、

現状、阪神間の外食など中々、

安心して楽しめたもんじゃない状況。

ニュースでも高級焼肉店がワンコイン以下の価格設定のお弁当を、儲けどがえしで社会貢献的に販売していたり。

デリバリー業者がバンクしていたりと、

抜け道的な事は沢山あろうかと思われますが。

せっかく築いた店のコンセプト・ポリシーを、崩すぐらいなら閉店した方がマシと考えるアーティスト系店主の方も多くいらっしゃいましょう。

外食を繰り返す事うん十年。

今回ほどで無いにしても

『鳥インフルエンザ』など飲食店を利用しづらい状況でも、外食を続行し続けた私。

 

どうしても外食したい!もしくは

しないといけない!となった時。

 

どんな店ならこのご時世、

行きやすく、安心して利用できるか?について考察したいと、思います。

 

そろそろ私も限界です、

外食に行きたい!

 

お気に入りのお店に、はたまた気になるお店に電話して

『貴店はどんなコロナ対策をやってらっしゃいますか?』と聞いて回るのもバカらしいし、

感じ悪い人になる。

 

ネットやホームページ、間口のスタンドなどの表示板で

しつこいぐらい、イヤミなぐらい対策を表示して下さい。

 

例えば、コロナに有効かどうかはわかりませんが、

間口にデカデカと、銀イオン水を散布して無菌に近い環境をアピールしていた飲食店もありました。

各個室に超音波式の加湿器があり、その中には銀イオン水が入っているもの。

今となっては眉唾銀イオン水が結構あった模様で『あれって有効だったの?』と疑問視していますが、

当時は安心感がありましたし、

結構鳥インフルエンザ騒動の中でもお客さんが居のを覚えています。

 

それに何より重視していただきたい事は、

スタッフさんが厳重に守られいる状況にある事。

私達がいくら気をつけていても、利用するお店の方が危ういのでは元の木阿弥です。

平常時は無礼に当たる様な完全防備でも、

今はOK!というか、

 

やって!

完全防備!

食べに行きたいから!

 

マスクなんて当然の事。

事あるごとに消毒。

 

誰も『わしが感染源になるとでも!無礼者!』

なんて言わない段階であるし、

もしそう思うなら来なければいい。

 

沢山の人と接するサービス係たるもの、

遠慮なく自分を守る事

=我々を守る!になります。

 

そして作る人、食べる人の間にビニールカーテン的な仕切りを設けるのも安心です。

お客さんを完璧にコロナから守るという事は、スタッフの感染リスクをゼロに近づけないと、実現は全くできません。

前のお客さんはどんな感じだったのか

後のお客さんには全くわかりません。

ところがスタッフさんが丁寧に守られて環境全体が入念に消毒されていると、利用する方もかなり気にせず利用できます。

普段は無礼に当たる事も、ほとんどの利用者は理解できるかとおもいますし、

なんなら自分もコロナの疑念を浴びせられているぐらいに感じる店でないと安心して利用できません。

それぐらいの事していてはっきりとその方針を表示している、飲食店を探して私は食べに行きたいと思います。

そして交通はマイカー必須になろうかと思いますので駐車場の無い店舗は

近隣のパーキング(できれば野外)をはっきり詳しくお示し下さい。

外食したい人はいっぱいいるし、しないと仕方ない様な方も沢山いるはず。

気になるのはコロナだけ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA