第九話,センジュ・プレート108,四苦八苦沙汰,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

ロングバージョンとなった

『センジュ沙汰』

実は寸法も当初の108mmから88mmに縮小しているし、

スリーフックも2つになっている。

しかもプレートタイプであるはずが棒状(鰹節的棒状)になっている。

素材もアガチスでスタートして、粘土→バルサと目まぐるしく変更している。

何より始めの実験段階が

バス用スイムベイト調ワームに小板状の羽を貫通させて、後方重心のネイルシンカーを重たい目に仕込んで動くのか?

という発想。

結論羽の効は絶大で『とんでもバタバタムーブ』を始めた。

こういう

『どんなんかぁなぁ〜ぁ〜(by仁鶴師匠)』系試みって、

無駄遊びになる事の方が多い。

 

しかしそういうのが大好きな私。

 

子供の頃の凧工作などは独壇場。

決して王道は作らない。笑 

『畳一枚分凧』

『20連凧』

人に

『!!!』と思わせたい。

 

本来は巧妙なイタズラを友人に仕掛ける事を喜びとしていたが、それでは友達を失って行くので、みんなが笑えるイタズラにシフトした。笑

 

コレは自論ですが、

釣りって自然に対する結構なイタズラ。

自然の営みの中に巧妙に介入して、

興奮したり、ギャハハと笑って喜んだりしている時点で、多少のサディスト性は否めない。

食の(殺生の)ジレンマとは似ているけど又別の話。

必要最低限の生活目線内で肉食、魚食、釣りは無しでも良い事、

しかし

人間社会目線では

それも自然の営みであり。

それは

決してエゴでは無い。

 

それをエゴと言う

エゴが有る程度。笑

(脱線!脱線!汗)

 

とにかく!

初めて見たバタバタムーブ(あーっ、そこからネ?)

結構ぶっ飛んだそのブツにそんな動きをされた日にゃ、膨らまさない訳にはいきません。

結構発言しているかと思いますが、私はワームが苦手。

理由は二つ。

①フックの位置 

②広範囲なアピール力の問題 

③状況の分析や見て楽しむ事に集中したいのに、ワーム系って釣るたびに調整しながら的な事が多くそれを気にするのが煩わしい。

(3つやん!)

テンプレート!テンプレート!

 

んで!

ジョイントで再現しょうと。

 

しかしいきなりジョイントも大変だし

『逆にプレート状ならもっとバタバタしたりして?』的な。

 

しかもバタバタがエスカレートしたらオモリで制する事が出来るし、

重たくなって行けばそれだけキャスト性も向上する。

んで!

結果この騒ぎ!笑 

奇跡が私に舞い降りる。

続く

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA