第十話,センジュ棒バルサ88,四苦八苦沙汰,自作ミノー

ようこそおこしくださいました!フミニイです!

今年は東京オリンピックが開催予定で、

さてさて!と日本中が盛り上がりムードのはずが、この感じ。

しかも、『テレビ舐めんな!』的に。

ずっと見たかった夢の続編、二大金字塔ドラマ。

『ハケンの品格』『半沢直樹』の続編の知らせ。

メディアのニッチ化が加速する昨今。

老若男女が共感できる世界観は日本とてドンドン崩れる。

自分の見たい情報、メディアを選んで観られる環境を予測して、それを望み、手放しで受け入れた中心的世代ではあるが、

それ故に犠牲になった、お茶の間感。

そんな中でテレビも本当にユーチューブに負けじ、そして共生と

復権の旗を挙げる。

しかしマァ、皮肉な事に、そんな働きかけも、パンデミックが全て飲み込む。

良くも悪くも、全て飲み込む。

テレビの画面たるや、台風や震災や選挙の時みたいに、

非常時仕様になって早2週間。

こうなった時の日本は強い。

アメリカは世界大恐慌以来のダメージを受ける予定なのだとか?

それに関連して日本とてタダでは済まない事も多かろうが、

世界が平和を維持する限り、

日本は何の気なしに乗り越えられる、様な気がする。

ほら、

カラテやボクシングの試合、殴られても顔色一つ変えずに、

粛々と勝機が見えるまで、自分の型を崩さぬ怪物をたまに見る。

打たれ強いということ、

機を見て堪えると言うこと

理屈を蓄え引き出しに入れる事、

そんな芸当を潜在意識の中で出来る日本人。

どんなハードパンチャーより不気味で勝率も高い。

日本の将来に絶望感を不思議と抱かないのは私だけ? 

さてさて、私とて、腹を括る、覚悟する、

『新しいルアーが出来たよぉ!イェーィ!』の感じから、

市場に問おおか?ぐらいの勢い

私的には真剣にルアーを詰めながら作って行く。

前回の『コンマ67』などは、『コンマ52』と言う神様がたまたま与えた、私的優等生ルアーのサイズアップを目指したに過ぎなかったが

バージョン10まで難航した。

今回の場合、アガチスバージョンで見た『奇跡のスラローム』

これまでのルアーの理屈には無いはずの後方重心前傾。

そして普段はあまり使う事の無い、フローティング。

水面直下遊泳。

表層dog。

そもそも海でのテストをしていない。笑

完全に迷想段階。

しかし、これまで満足な動きをしていない理屈は理解できている。

先ずはウエイトの質と位置。

これだけ微妙な点を目指すルアー。

試作二発目で『飛ばない』以外は想像を遥かに凌駕する、完成をしたものだから、少し舐めていた。

その偶然のアクションは線的に幅広いキャパを持って現れたと思いきや、

結構な点の効果で、

飛ばしてやろうとかの下心で少し位置を変えると別物になる。

しかしバルサか粘土でフローティング(またはスローシンキング)を作る事をしないといけない。

実際二次元の設計はかなりの量になった。

型を基本に立ち返り全て重ね合わせて比較する。

何が改悪されたのか分析して、そこは改めて、

改善だけを残して行く。

リップからラインアイ迄の寸法が長い。

ラインアイの位置が上すぎる。

体の中心から尾にかけてのラインが細すぎる。

ウエイトの位置が下過ぎる。

横からのシルエットでは、頭から真ん中まで痩せすぎ。

そうそう!水の中で水平になる物体、

それが真ん中から尾部分の浮力により前傾になる様にしないといけない。

頭がテンションにより斜め上に逃げて、それを浮かされたウエイトが時間差で追う

それが奇跡のスラロームの模様。

一旦型からやり直し!

まだまだ完成まで道は遠い。

しかも飛ばすという大きな題も残る。

鉛のネイルシンカーも少々お預け。

どうやら直径3.6mmでは重さが足りない。

比重を舐めていた。笑 

とて蒲鉾板に4.5mm直径の穴を正確に開けるドリルがいる。

やれやれ!とりあえず3.2gのネイルシンカーを購入。

結構高い!

頑張って迷想打開だ!

続く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA